WOMAN / beautiful /CD(FLAKES-190)/2018.6.27 Release

a0087389_15245162.jpg
a0087389_15253397.jpg


居場所がない。
そう感じさせる孤高感と飛び抜けた音楽性。
世界の最先端のエッジィなクラブミュージックと彼らのルーツであるポストロックやマスロックを経た経験値、ヘヴィリスナーとしての音楽的感性、冒険心を全て結実させたハイブリッドな音楽。
どう評されようが揺らぎない芯と軸を感じさせる全6曲。
D.A.Nやyahyelといった日本でもとうとう出てきたと感じさせるバンドたちとの共鳴はもちろん
MASSIVE ATTACK、JAMES BLAKE、CORNELIUS、RADIOHEADといった先駆者たち
それ以降のTHE XXやRHYEやARCA、MOUNT KIMBIE、BON IVER、DAUGHTER、ASGEIR、SAMPHAといった現行のアーティストにもリアルタイムに刺激を受けつつ辿り着き生み出されたWOMANの音楽に国境を感じさせるものは何もありません。

Artist / WOMAN
Title / beautiful

発売日2018年6月27日(水)
CD (FLAKES-190 /¥1852(税抜き)¥2000(税込)
Label / FLAKE SOUNDS
JAN 4571207711908

Track List
1.breaking dawn

2.bloom
3.butterfly
4.brainwash
5.bystander
6.ballad


男5人組でWOMANと名乗るバンド。その匿名性の高きひねくれた存在から感じ取れる音楽への圧倒的な自信が、音源にもライブにも漲っていて、そして実際に有無を言わさぬ説得力とクオリティを見せるバンド。
変則的な販売の自主EP2枚の完成度に完全に惚れ込み、この音楽性にそぐわないフィジカル感の強い強烈なライブ。
そこに完全に魅せられ、FLAKE RECORDSとして彼らの音楽を世に出すお手伝いを名乗り出ました。
世界に発見されていけばいいなと、本気で思っています。WOMANと検索しずらいバンドですが、どうぞよろしくお願いします。
DAWA(FLAKE RECORDS)


今はまだ無名だからこそ、余計な情報もなく音楽だけが届く。
音楽を音楽たらしめる6曲。
我々にとって音楽は手段ではなく、目的です。
そんな我々の音楽に何かを感じてくれたなら、その感性こそが何より美しい。
WOMAN


バイオ
崎山弥幹 (vocal,sampling)
宇都宮航 (guitar,synthesizer,sampling)
松永直人 (guitar,synthesizer)
柳本修平 (bass)
団長 (drum)

2017年より始動。
音楽表現においてジャンル、ジェンダーに捉われない洗練された感性をモットーに邁進する5人組バンド。
2017年に自主制作盤を2枚リリース。
2017年5月には3度目のライブにしてVJを迎えた初のワンマンライブをソールドアウトで成功させる。
その他にTelefon Tel Aviv、Yumi Zouma、幾何学模様、VARのジャパンツアーにサポートアクトとして出演。


[ENGLISH]

When you listen to the WOMAN’s song, you might think “Where is the scene their music can belong to?” Their sound is too edgy and unique for the Japanese music scene.

WOMAN’s musical interests came from various backgrounds: the electronic world music in the club culture, the experience of being in the post-rock and math rock band, and the artistic sensitivity as the music listeners. All the factors are hybridized to create their sound and “beautiful” was born with their spirit of musical adventure.


This Album contains 6 songs, and all songs are filled with the band’s firm confidence for their musical skills inspired by THE XX, RHYE, ARCA, MOUNT KIMBIE, BON IVER, DAUGHTER, ASGEIR, and SAMPHA. WOMAN’s sound is reminiscent of not only for the Japanese bands like D.A.N and yahyel, but also the MASSIVE ATTACK, JAMES BLAKE, CORNELIUS, and RADIOHEAD as the musical pioneers. WOMAN has developed their music sensitivity with the sound all over the world in real time. Their creation has no boundaries to the world.



BIO

In 2017, WOMAN were formed as a five-piece band in Osaka, Japan, under the motto: “create the music with artistic sensitivity which is not be bound by any genres nor genders.”

They self-released 2EPs, “NUDE” and “SICK” in 2017. On May, the band’s 1st one-man show with VJ as their third live performance was sold out immediately. Though early in their career, they have supported the international artists’ Japan tour like Telephone Tel Aviv, Yumi Zouma, Kikagakumoyou, and VAR.



# by dawaflakerecords | 2018-06-13 15:27 | FLAKE SOUNDS | Comments(0)

Keishi Tanaka x the band apart / Break It Down / Falling in Love /7inch(FLAKES-194) 2018.6.20

a0087389_19082535.jpg
a0087389_19082981.jpg
a0087389_19085484.jpg

Keishi Tanakaとthe band apartによるスプリット7inchシングルをFLAKE SOUNDSからリリース決定!
 2016年には共同主催イベント [Smooth Like New Kicks]を行いSOLD OUTさせるなど、兼ねてから対バン、ツアーなど付き合いある2組だが、今回は2組とも親交の深いFLAKE SOUNDSからスプリット7inchシングルをリリースする事が決定した。the band apartのスプリット作品はレーベルメイトでもあるアメリカのmock orangeとの作品以来、Keishi Tanakaは自身初のスプリット作品となる。

 Keishi Tanakaは、2018年の2作目となり、さらなる新曲『Break It Down』を収録。ハワイアンAORを連想させるサウンドと、周りに左右されず自分らしく変化していこうという歌詞が印象的な楽曲だ。前作『This Feelin’ Only Knows』同様、Keishi自身の強い意思やイメージを感じられる。レコーディングには、前作と同様に小宮山純平 (Dr)、田口恵人 (Ba / LUCKY TAPES)、潮田雄一 (G)、別所和洋 (Pf / Yasei Collective)、CrossYou (Sax / RIDDIMATES)、Chan Keng (Tp / video brother)、さらにバーカッションで松田”CHABE"岳二が参加している。

 the band apartは、今年20周年イヤーの第一弾として4月にCDでリリースされたばかりの新曲『Falling in Love』が収録。浮遊感のあるサウンドと、ループするメロディーが心地よい楽曲となっている。

Keishi Tanaka x the band apart
『Break It Down / Falling in Love 』
発売日 : 2018年6月20日(水)
7inch +DLコード(FLAKES-194) /¥1500(税抜き)¥1620(税込)
Label / FLAKE SOUNDS
JAN 4571207711946

A-Side
Break It Down / Keishi Tanaka

AA-Side
Falling in Love / the band apart


a0087389_13165483.jpg
FLAKE限定で両組の直筆サイン入りジャケットヴァージョンもあります!

# by dawaflakerecords | 2018-06-09 19:10 | FLAKE SOUNDS | Comments(0)

2018年6月26日(火) 20時より WOMANインストアライブ決定!

a0087389_17083009.jpg
a0087389_17110895.jpg
WOMAN “beautiful”発売記念!


WOMAN アンビエントセット
インストアライブ
2018年6月26日(火)
@FLAKE RECORDS
OPEN / START 20:00
CHARGE / FREE

当日は翌日6月27日発売のデビューアルバム"“beautiful"をフラゲ日としてご購入いただけます!
ライブを見てCDを購入してください!
*整理券等は必要ありません。
*当日19時15分に一旦お店を閉店して準備致します。
*ご来場は10分前をめどにお越し下さい。
*満員の場合は入場をお断りする場合がございます!

# by dawaflakerecords | 2018-05-31 19:59 | INSTORE LIVE | Comments(0)

んoon (ふーん) / Freeway / MCD(FLAKES-189) / 2018.6.6.Release

a0087389_20193719.jpg
a0087389_20194019.jpg
軽やかに、しなやかに、それでいて濃厚に。
それぞれの楽器が、音色が、歌声がソウルフルに、グルーヴィンに溶けあうスウィートミュージック
東京を拠点に活動するバンド、んoon(ふーん)衝撃のデビューEP

模倣ではなくてオリジナル
ジャズやフュージョン、ソウル/R&Bを咀嚼したスキルフルな演奏力と音楽理解力が有機的に、かつナチュラルにあるベクトルへ向いたかの奇跡的な統一感とバランス感が完璧とも言える新たなるソウルサウンド。時代に歩み寄るわけではなく、ただこの5人が集った時に生まれた音楽というニュートラルな感じと、昨今のオルタナティブソウルなバンドとの自然な共鳴感。

ベース。ハープ。パーカッション。キーボードという変則的な楽器隊の編成を最大限に生かしきった圧巻のサウンド。
そこにJCによるメロウな存在感のあるソウルフルなボーカルがどんと据えられたオルタナティブソウルミュージック。

新しくあり、スタンダード。

レコーディング、マスタリングは様々なアーティストから絶大な信頼を集めているツバメスタジオの君島結

Artist / んoon (ふーん)
Title / Freeway

発売日2018年6月6日(水)
MCD (FLAKES-189 /¥1600(税抜き)¥1728(税込)
Label / FLAKE SOUNDS
JAN 4571207711892

Track List
1.Amber
2.Freeway

3.Dill
4.Tragedy
5.Tokyo Family Restaurant



バイオ
んoon(ふーん) 2014年結成、ハープ、ベース、キーボードのインスト編成でスタート。2016年よりボーカル、パーカッションが加入して現体制になる。
バンド名の由来は、感嘆(あるいは無関心)を表す日本語の擬態語「ふーん」から。(ただし発音アクセントは「不運」と同じ。)
表記は"hoon"の頭文字をひらがなの「ん」にしている。
サウンドやワーディングはそれぞれメンバーが思いつくままに持ち寄りセッションによりつくりあげる。
ジャンルに対して特定の文脈を特に意識はしていないが、それぞれの楽器の持つ音色の文化的な土着性はなるべく迂回するようにはしている。インスト期はプログレやジャズを起点に歯車のような精緻なアンサンブルを志向していたが、ボーカルJC加入を期に音楽のフレキシビリティが爆発。ボーカルJCのハイパーメロウなささやきが、シリアスな楽器隊の変拍子も転調も優しく結わえる。

member
Vocal / JC
Bass / Naoto Sekijima
Keyboard /Kensaku Egashira
Harp / Yuko Uesu
Percussion / Masamichi Kubota

んOON (ふーん)の在庫@FLAKE RECORDS
FLAKE特典で2曲のREMIX収録のCD-Rがつきます
a0087389_21182110.jpg

# by dawaflakerecords | 2018-05-23 21:19 | FLAKE SOUNDS | Comments(0)

tricot / Potage / ブームに乗って / 7inch + DL(FLAKES-191) / 2018.5.19 Release

a0087389_19572674.jpg
a0087389_19573622.jpg

tricot5枚目のシングルは7インチにて日米違うレーベルより同時発売!

5月24日に始まるアメリカツアーに合わせてリリースされる今作は、アメリカのTopshelf Recordsからリリースされ、同時に国内では大阪のFLAKE RECORDSが主宰するFLAKE SOUNDSから発表される。ジャケットアートワークには山代婉娜が描き下ろした作品を採用。US盤と国内盤で異なるデザインとなる。レコードのA面には表題曲の「potage」、B面には「ブームに乗って」が収録される。
メンバー直筆のシリアルナンバー入り!
a0087389_20033946.png

Artist / tricot
Title / Potage / ブームに乗って
発売日2018年5月19日
7inch + DLコード (FLAKES-191 /¥1500(税抜き)¥1620(税込)
Label / FLAKE SOUNDS
JAN 4571207711915


A-Side
Potage


B-Side
ブームに乗って


# by dawaflakerecords | 2018-05-04 20:00 | FLAKE SOUNDS | Comments(0)