Deck E / Lost In Thought / CD(FLAKES-205) / 2018.12.12 Release

a0087389_15561741.jpg
a0087389_15562146.jpeg

すぐさま世界に発見されるべき!
テクノ、ハウス、ベースミュージック、アブストラクト等の様々なエレクトロニックミュージックを吸収したサウンドを生バンド演奏によるロック的ダイナミズムを加えたボーダレスなサウンドが圧巻。クラブとライブハウスを繋ぐ類い稀なバランス感覚を持った超注目株!無機質で低体温なスタイリッシュなエッセンスと、熱量のあるバンドサウンドが融合した、スリリングかつ、グルーヴィでトリップ感のあるサウンドでシーンに衝撃を与える3人組。2016年の未流通EP"A NARRATIVE ON DECKS"を経て、待望の新作にて日本全土へ、いや世界へ!
彼らのFavorite Artistの羅列を見るだけで、いかに志高く音楽を突き詰めているかがわかるはず。
大阪発のDeck E。お見知り置きを!


Artist / Deck E / デック イー
Title / Lost In Thought / ロストインソウト

発売日2018年12月12日
CD(FLAKES-205) /¥1852(税抜) / ¥2000(税込)
Label / FLAKE SOUNDS
JAN 4571207712059

Track List
1.Iberisu
2.Fuse
3.Wet Floor
4.Hidden Palace
5.Bodhi
6.Pale Dub
7.Fuse(Syncilow Remix)
8.Bodhi(kafuka Remix)


前作から2年8ヶ月振りのリリースとなる1st Album「Lost In Thought」はライブでも好評の曲を中心とした6曲+Syncilowとkafukaの2名のトラックメイカーによるリミックスの2曲を含めた全8曲収録。

バイオグラフィー:
Deck E(デック イー)
Yuki Oku(Synth)、Shota Otsuki(Ba)、Kenjiro Watanabe(Dr)の3名によるバンド。テクノやハウス、ベースミュージック等を基調としたトラックと生演奏を融合させたスタイルで関西を中心に活動している。
1st EP「A Narrative On Decks」の発表と同時に、2016年春よりライブ活動をスタートさせ、7月にはノルウェーのシンセポップバンド「KID ASTRAY」のJapan Tour(TONE FLAKES Vol.99)大阪公演のサポートを務め、年末には神戸troopcafeのカウントダウンパーティーに出演した。2018年2月には「京音-KYOTO- 2018」に出演し、OGRE YOU ASSHOLEとCHAIの間で演奏を行うなど、ライブハウス、クラブを問わずに多方面から評価を受けている。


Favorite Artist
Aphex Twin / Bicep / Bonobo / Flying Lotus / Floating Points / Four Tet / Justice / Massive Attack / Moderat / Prins Thomas / Taylor McFerrin / Todd Terje / etc


レコ発イベント:
Wet Floor Vol.1 ~1st Album「Lost In Thought」Release Party~
12月2日(日) @大阪noon
OPEN/START 17:00/17:00
ADV/DOOR ¥2000/¥2400
別途ドリンク代¥600

-LIVE-
Deck E
tatalaYAVZ
WOMAN
kafuka
Hideo Nakasako

-DJ-
Asato Sakamoto (Syncilow)
mightwhales (Satellite)
Sue (City Boy Lounge)

-FOOD-
ラリパッパカフェ

アマルガムビルヂング食堂ネオエビス店


[PR]

by dawaflakerecords | 2018-11-26 15:55 | FLAKE SOUNDS | Comments(0)

DedachiKenta / This Is How I Feel / Memories / 7inch + DL(NBR-001) 2018.12.5 Release


a0087389_13031455.jpeg
誰しもが驚く才能
恐ろしきティーンネイジャーによるボーダレスなミュージックジャーニーの始まり。

幼少期より様々な楽器に触れ、14歳からYouTubeにて様々なカバー動画の配信をスタート。そのチャンネル登録者数は19200人を超え、知る人ぞ知る存在であった才能が、世界へ羽ばたいて行く瞬間を、見届けて行くことになりそうです

憂いを含む天賦のものとしか言えないスウィートな歌声とメロディメイカーとしての素晴らしさが、既に完全に確立されており、軽快なポップスサウンドから、メロウなR&B/SOUL的な要素まで内包したこの2曲が、これからどこに響いて行くのか、どこに旅立って行くのか、楽しみでしかないです。海なんて簡単に越えてしまう。

LA在住19歳のSSW、オフィスオーガスタの新生レーベル“newborder recordings”第一弾アーティスト。FLAKE RECORDS流通にて発売決定!

Artist / DedachiKenta
Title / This Is How I Feel / Memories

発売日2018年12月5日
7inch(NBR-001) /¥1500(税抜) / ¥1620(税込)
Label / newborder recordings
Distributed by FLAKE RECORDS
JAN 4582152552096

Side-A
This is how I feel

Side-AA
Memories

bio
ロサンゼルス在住、18歳のシンガーソングライター。
幼少期よりアコースティックギターをはじめ、様々な楽器を嗜む。14歳からYouTubeを使って自身の動画を配信。撮影も自らが手掛ける一方、その清廉な歌声は瞬く間に世界中の多くの音楽ファンの心を癒し、虜にした。
今秋誕生するオフィスオーガスタの新生レーベル“newborder recordings”より第一弾アーティストとしてデビューが決定。R&B、フォーク、ゴスペルなどのフレーバーを併せ持つメロウでポップなソングライティングセンスにも注目が集まる



[PR]

by dawaflakerecords | 2018-11-25 13:06 | Comments(0)