人気ブログランキング |

カテゴリ:FLAKE SOUNDS( 181 )

a0087389_18532832.jpg
a0087389_18523028.jpeg
artist / Deck E
title / Encounter EP
発売日2019年12月11(水)
CDS (FLAKES-226 ¥909(税抜き)/¥1000(税込)
Label / FLAKE SOUNDS
JAN 4571207712264

[track list]
1.Celestial Burnout

2.Interstellar

3.Wet Floor (Self Remix feat. Reina Shimizu)



1st Album「Lost In Thought」から1年、未流通自主制作盤1st EP「A Narrative On Decks」以来の2枚目のEPを前作と同じくFLAKE SOUNDSよりリリース。
前作に引き続きテクノやハウス等のクラブミュージックからの影響を受けながらポップに落とし込んだキャッチーな新曲、「Celestial Burnout」「Interstellar」の2曲を収録。
また3曲目には前作からSpotifyで20万再生を記録した「Wet Floor」にゲストミュージシャンのReina Shimizu / Tenor Saxophoneを迎え、再収録。

Deck E(デック イー)
Yuki Oku(Synth)、Shota Otsuki(Ba)、Kenjiro Watanabe(Dr)の3名によるバンド。テクノやハウス、ベースミュージック等を基調としたトラックと生演奏を融合させたスタイルで関西を中心に活動している。
自主制作盤の1st EP「A Narrative On Decks」の発表と同時に、2016年春よりライブ活動をスタートさせ、同年7月にはノルウェーのシンセポップバンド「KID ASTRAY」のJapan Tour(TONE FLAKES Vol.99)大阪公演のサポートを務め、年末には神戸troopcafeのカウントダウンパーティーに出演した。2018年2月には「京音-KYOTO- 2018」に出演し、OGRE YOU ASSHOLEとCHAIの間で演奏を行う。
2018年12月には初の全国流通版の「Lost in Thought」をFLAKE SOUNDSよりリリースし、収録曲の「Wet Floor」はSpotifyで20万回再生を記録した。
2019年、最新作の「encounter EP」は同じくFLAKE SOUNDSよりリリースし、タイトルの通り前作に対してのアンサーシングルとなっており、よりポップでキャッチーな作品となっている。トラックと生演奏というスタイルは健在で、DJとバンド、或いはクラブとライブハウスの垣根を超え、多方面から評価を受けている。


★イベント詳細
Wet Floor Vol.2 〜2nd EP「encounter EP」Release Party〜
12月1日(日) NOON+CAFE
OPEN/START 18:00/18:00
ADV/DOOR ¥2400/¥2900
別途ドリンク代¥600

-LIVE-
Ally Mobbs
metome
paranoid void
YYBY
Deck E

-FOOD-
ラリパッパカフェ
アマルガムビルヂング食堂ネオエビス店

a0087389_18524340.jpeg

by dawaflakerecords | 2019-11-25 18:57 | FLAKE SOUNDS | Comments(0)

a0087389_19551021.jpg
a0087389_19553306.jpg

ノルウェーはリレハンメル出身のオルタナティブポップ兄弟デュオのデビューアルバム!

2015年に結成された兄弟デュオ!結成後に精力的なライブ活動にて、曲をブラッシュアップ、セレクトし厳選された楽曲をレコーディングし完成に至ったデビューフルアルバム。

オーガニックでフォーキィな要素とパワフルなメロディ、美しいハーモニーをミックスしたハイブリッドなポップサウンドはJASON MRAZやJACK JOHNSONといったアーティストの影響と、SONDRE LERCHEやBENNY SINGSといったJAZZやAORなどのアカデミックな要素を取り入れるアーティスト、更にREX ORANGE COUNTYや同郷のBOY PABLOら新世代アーティストと共鳴するモダンなポップセンスを兼ねあわせたタイムレスなポップチューンが並ぶ大傑作!

Simen Langseth Folkestad(兄)、Espen Langseth Folkestad(弟)の2人からなる兄弟デュオ。

幼少期に両親のスピーカーから絶えず流れていたTHE BEATLESやSTEVIE WONDERに影響を受け、それぞれが7歳、10歳の時には音楽活動を開始、兄Simenが13歳の時に結成したバンドにて弟Espenはベースを務めるなど、早くから共にしていた音楽活動ですが、本格的なデュオとして始動するのは、お互いが高校での勉強や留学を経た2014年で、翌年2015年にBROTHER SAVANNAHと名乗り活動を開始、2016年より多数のシングルをリリースしつつ、精力的なライブ活動にて曲をブラッシュアップ、セレクトし厳選された楽曲をレコーディングし完成に至ったデビューフルアルバム。
ノルウェーの老舗のインディレーベルdaWorks Recordsとサインしてリリースとなる本作を、この度日本ではFLAKE SOUNDSがリリース!

artist / BROTHER SAVANNAH
title / ABOUT TIME
発売日2019年10月4日(金)
CD (FLAKES-222/ ¥2000(税抜き)¥2200(税込)
Label / FLAKE SOUNDS
JAN 4571207712226

1.When You’re Gone

2.Insane
3.Who Will Be Around
4.King Without a Queen

5.Sparkle in Your Eye
6.Shook Me Up

7.Time Lapse

8.PDMTRGH
9.Spread a Little Love *

10.Spread a Little Love (Fuzed Remix)*



by dawaflakerecords | 2019-09-26 19:56 | FLAKE SOUNDS | Comments(0)

a0087389_14021451.jpg
a0087389_14040562.jpeg

当初ライブ会場のみで販売され、後日一部店舗限定で販売されていた、Predawn初の日本語曲のみで構成された5曲入りEPが10インチでリリース。 今回はアナログ化にあたりCDとは別マスタリング、曲順も変更し、レコードで聴くことに意味を持たせたこだわりの内容となっております。盤はオリーブグリーンとクリアのカラーインカラー盤。限定500枚!

前作から2年という(Predawnとしては最速)スパンで、発表となった日本語のみで構成されたEP。ドラム・神谷洵平、ベース・ガリバー鈴木に加え、コーラスとして小山田壮平が参加しているのも聞きどころ。

artist / Predawn
title / Calyx EP
発売日2019年9月21日
10inch (Color-In-Color Vinyl LTD.500)
(FLAKES-215/ ¥3,000(税抜き)¥3240(税込) (10月以降¥3300税込)
Label / FLAKE SOUNDS
JAN 4571207712158

[Track List]
A-Side
1.紫陽花の庭
2.鉄線
3.曙光

B-Side
キャンバスシューズ
炭酸


a0087389_14015777.jpg
a0087389_14020220.jpg

by dawaflakerecords | 2019-09-22 14:06 | FLAKE SOUNDS | Comments(0)

a0087389_17152837.jpg
デビューアルバム”beautiful”がロングセラー。このご時世で東京でのライブは未だ未経験ながら、関西を拠点とした活動、卓越したライブパフォーマンスと楽曲のクオリティで着実に確実に注目を集め、数多くの来日公演のサポートを務め、自主企画にてROTH BART BARONや世武裕子を大阪に招きツーマン企画を行うなど、独自の活動に注目を集めるWOMAN。

廃盤となっている自主EP”Nude”に収録され、ライブでもハイライトとなっている”You are everything”を岩谷 啓士郎をレコーディングエンジニアに迎え再録音し、7インチでリリース!!EP収録verから敢えてアレンジを変えずにライブで得た肉体性にフォーカスしたA面、同曲の世界観をよりミニマルに再構築したambient ver.をB面に収録!

Artist / WOMAN
Title / You are everything
発売日2019年9月11日(水)
7inch (FLAKES-219) /¥1500(税抜) / ¥1620(税込)
Label / FLAKE SOUNDS
JAN 4571207712196

Track List

A-Side
You are everything

B-Side
You are everything (Ambient Version)



by dawaflakerecords | 2019-08-26 19:27 | FLAKE SOUNDS | Comments(0)

a0087389_17175569.jpg
a0087389_17175728.jpg

スコットランドの伝説的インディポップバンドASTRIDが14年ぶりの新作を引っさげてカムバック!
本国ではアナログのみのリリースで、CDは日本のみ、そして日本先行発売。ボーナストラック収録
artist / Astrid
title / Fall Stand Dance
発売日2019年9月11日 日本先行販売
CD (FLAKES-217/ ¥2000(税抜き)¥2160(税込)
Label / FLAKE SOUNDS
JAN 4571207712172

[Track List]
01.Poison Reaction
02.Chainsmoking
03.Don’t
04.Danger Signals

05.Magnets
06.Over The Hill
07.A little Understanding
08.Some Doors
09.Chuck Amuck
10.Give Yourself Away
11.It's True *

*Bonus Track for Japan Only


スコットランドの伝説的人物、ex Orange JuiceのEdwyn Collinsプロデュースによるデビューアルバム”Strange Weather Lately"を1999年に発表。甘いメロディとハーモニーに歌声、疾走感をも併せ持つ完璧とも言えるギターポップアルバムTeenage FanclubやThe Pastels辺りとも比較され大歓迎、UKではJohn PeelやSteve Lamaqといった人気ラジオDJの支持を集め、Belle & Sebastian、The Go-Betweens、Ben Lee、Sean Lennon、The Pernice Brothers等とのツアーもこなし確固たる人気を獲得。ここ日本でも彼らのサウンドは大いに歓迎され多数のクラブヒットを生みギターポップファンの間ではお馴染みのバンドに。その後2枚のアルバムをリリースし、2004年に解散するも2016年よりWillie Campbell & Charlie Clarkの2人体制にて活動再開。待望となる4作目はロサンジェルスで録音され、プロデューサーにEric McCannを迎え、ミックスは長年のコラボレーターでもあるTony Dooganが担当し完成。本国では20年の時を経ての再度のEdwyn Collinsとのタッグとなる、彼主宰のレーベルAED RECORDSよりリリース!アルバム先行曲として公開された"Poison Reaction”が既に世界各国多数のメディアに賞賛/ピックアップされ迎え入れられています。

Alfie, Arab Strap, Belle & Sebastian, Idlewild, Mogwai, Mull Historical Society, Snow Patrol, Teenage Fanclub, The VaselinesなどのメンバーによるグラスゴーのスーパープロジェクトであるThe Reindeer Sectionでもソングライティングの中核を担っていたAstridの2人Willie Campbell & Charlie Clarkの抜群のソングライティング能力が発揮されまくったタイムレスなギターポップの数々!どこまでもグラスゴーの血を感じさせる爽快かつエヴァーグリーンな魅力に満ち満ちたフレッシュなサウンド。伝統的なギターポップのスタイルにカリフォルニアの開放感が足されたかの魅力に満ちた楽曲の数々は、往年のファンを感涙させ、新たに大きなファンを築き上げるであろうクオリティです。全てのグッドメロディフリークに捧げるスコティッシュインディサウンドの堂々たる最高峰アルバムの完成です


by dawaflakerecords | 2019-08-26 19:17 | FLAKE SOUNDS | Comments(0)

a0087389_12421309.jpg
a0087389_12430968.jpg

大阪の4ピースバンドCARD、7月にリリースした先行7インチ"CHICKEN / METRONOME feat. ninoheron"のリリースを経ての待望の3rdフルアルバムが完成!これまでのリリースを重ねた名古屋の名門レーベルstiffslackから彼らの地元大阪のレーベルFLAKE SOUNDSへ移籍しての初アルバムです。

彼らのルーツであろうEMOやPOST/HARDCOREから始まった活動、進化、変化、過程を詰め込んだ説得力と同時にフレッシュなインディ感を併せ持ち、様々なエッセンスを取り入れる冒険心、天性の浮遊性を感じさせるボーカルと揺らめくメロディにツインギターの清涼感のあるアンサンブル、軽快さとボトムを感じさせるリズム隊が織り成す楽曲の数々はCARDらしさと中毒性に満ちています。これまでのファンを満足させつつ、洋楽なBEACH FOSSILSやWILD NOTHING、DIIV、GIRLS、WHITNEY、REAL ESTATE周辺の昨今の海外インディーのサウンドを咀嚼し、独特な言い回しの日本の詩の世界に引き込む、聴く度に新しい発見がある11曲。

録音とミックスは京都music studio SIMPOにてHomecomingsやKONCOS、Special Favorite Musicなどを手がける荻野真也が担当、マスタリングはゆらゆら帝国や坂本慎太郎、OGRE YOYU ASSHOLEの作品など、数々の日本音楽史に残る傑作を手がけてきた中村宗一郎(Peace Music Studio)が担当。

artist / CARD
title / TUNNEL VISION

発売日2019年9月25日(水)
CD (FLAKES-223) ¥2500(税抜き)/¥2700(税込)
Label / FLAKE SOUNDS
JAN 4571207712233
*予約開始は9月9日の更新時より*

Track List
1. UNBALANCE
2. 時間を捨てて
3. KITCHEN
4. CHICKEN

5. 今もどこかで
6. MAN
7. DOLL
8. 円
9. BE A BOY
10. 待つ人
11. 散歩


2010年に結成された4人組インディーロックバンド、CARD。
90年代~現行までのUSインディ、オルタナティブ、シューゲイザー、ドリームポップ等の影響を反映し、現行の海外バンドと比較しても全く引けを取らないサウンドワーク、ライブで各方面で話題となる。現在までにアルバム2枚、EP1枚、bloodthirsty butchersのトリビュートアルバム、7inchなど発表。
2019年の7月に7inch"CHICKEN / METRONOME"にてgroup_inou、uri gagarnの威文橋によるソロ名義ninoheronをfeat.し、サウンドの振り幅を公然と示したCARD、2nd ALBUM"LUCKY ME"から4年ぶりとなる3rd ALBUM"TUNNEL VISION"が完成。


member
Gt.vo. 中野博教
Gt. 清水雅也
Bass. 白神康裕
Dr. 泉良宗




先行発売フリーライブ決定!!!
●東京編
2019.09.21(sat)
@下北沢ERA
CARD presents
『PICK ME UP vol.11』
〜CARD 3rd Album "TUNNEL VISION" 先行発売フリーライブ〜

open 12:00/start 12:30
(入場時2ドリンク代必要)

[LIVE]
CARD
+ 1 band

ご予約
http://goo.gl/51mUJK


●大阪編
2019.09.15(sun)
@梅田HARDRAIN
CARD presents
『PICK ME UP vol.10』
〜CARD 3rd Album "TUNNEL VISION" 先行発売フリーライブ〜

open 18:30/start 19:00
(入場時2ドリンク代必要)

[LIVE]
CARD
CHIIO
+ 1 mband

ご予約
http://goo.gl/51mUJK
a0087389_12450585.jpeg

by dawaflakerecords | 2019-08-19 19:04 | FLAKE SOUNDS | Comments(0)


a0087389_11434273.jpg
a0087389_11434689.jpg
a0087389_18401440.jpg

関西を中心に活動するインディロックバンドCARDの新曲がFLAKE SOUNDSより7インチで登場!CARDらしい清涼感と哀愁感を共存させた、新たなる代表曲の誕生と言える”CHICKEN”と、group_inou、uri gagarnの威文橋によるソロ名義ninoheronをfeatした”METRONOME"の渾身の2曲を収録!
録音は京都SIMPO STUDIOにてHomecomingsやSpecial Favorite Musicなどを手がける荻野がレコーディング、ミックス担当。
Artist / CARD
Title / CHICKEN / METRONOME feat. ninoheron
発売日2019年7月17日(水)
7inch + DLカード(FLAKES-220) /¥1500(税抜) / ¥1620(税込)
Label / FLAKE SOUNDS
JAN 4571207712202

A-Side
CHICKEN


B-Side
METRONOME feat. ninoheron

★インフォ
2010年に結成された4人組インディーロックバンド、CARD。
90年代~現行までのUSインディ、オルタナティブ、シューゲイザー、ドリームポップ等の影響を反映し、現行の海外バンドと比較しても全く引けを取らないサウンドワーク、ライブで各方面で話題となる。
現在までにアルバム2枚、EP1枚、bloodthirsty butchersのトリビュートアルバム、7inchレコードなど発表している。
2019年7月16日に7inchレコード『CHICKEN/METRONOME feat. ninoheron』をFLAKE SOUNDSよりリリースする事を発表。

member
Gt. 清水雅也
Gt.vo. 中野博教
Bass. 白神康裕
Dr. 泉良宗
a0087389_11475301.jpeg

by dawaflakerecords | 2019-07-01 18:40 | FLAKE SOUNDS | Comments(0)

a0087389_13095556.jpg
a0087389_13095882.jpg
a0087389_13101467.jpg

前作"JOY"から3年、音楽教育法と題された待望の新作"Rythmique"!
限定1000枚のCDは自身のWEBと厳選された3店舗のみで販売し即完売。新作のアナログは、これまで彼らの過去の作品を全てアナログでリリースしているFLAKE SOUNDSからリリース!一般発売するのはこのレコードだけとなります。
CDとは異なるアートワークで限定500枚!PINKとBLUE、そしてその2色が混ざったPINK/BLUE盤が混在!

Artist / ATATA
Title / Rythmique
発売日2019年7月10日(水)
MLP + DL カード (FLAKES-216) /¥2000(税抜) / ¥2160(税込)
(カラーは選べません。)
Label / FLAKE SOUNDS
JAN 4571207712165

Track List

A-Side
1.Willow St.
2.Topology

B-Side
1.Rise and Falling
2.Euryhthmics

騒々しく絡み合うアンサンブルは健在ながら、以前よりも風通しよく突き抜けた演奏と、情景を紡いだ言葉の数々。てらいなく披露される日本語とメロディは、より普遍性を抱えながらもどこかいびつで、だからこそ眩しく希望と慈しみが溢れる。バンドのネクストページをめくったと言える最新シングル。アナログでもドロップ!


by dawaflakerecords | 2019-07-01 13:10 | FLAKE SOUNDS | Comments(0)

a0087389_12062333.jpg
a0087389_12062712.jpg

関東を中心に活動する男女2人組(ライブ時はサポートメンバーとともに)Charlotte is Mineの待望の1stフルアルバム!EMO、ドリームポップ、シューゲイザー、インディポップといった様々な音楽的要素を吸収し、咀嚼するセンスに長けたサウンドは、海外を軸とした90年代EMOから現行かつ、次々更新、刷新されるモダンなインディバンドを繋ぐかの完成度で、ノスタルジックな空気感と、ドリーミィな浮遊感をシンプルかつ有機的なアンサンブル、透明感と艶のあるエモーショナルな歌声で紡ぐインディサウンド。女性ボーカルなこのサウンドは、日本インディシーンに安易に迎合せず、孤高の説得力と異彩を放つ存在として広がっていく事でしょう。

Artist / Charlotte is Mine
Title / IN SOMEWHERE NIGHTS
発売日2019年6月26日(水)
CD (FLAKES-214) /¥2000(税抜) / ¥2160(税込)
Label / FLAKE SOUNDS
JAN 4571207712141

(FLAKE独占特典で、Voのnana furuyaによるホームデモ2曲を収録したCDRがつきます。)


Track list
01-Somewhere

02-Polaris
03-night on the planet
04-Swirling

05-Grenier (album ver.)

06-白昼夢

07-Ship at Dawn (album ver.)
08-evoke
09-night night, sleep tight
10-absent
11-Moon at Morning

Bio
東京を中心に活動する、インディロックバンド Charlotte is Mine(シャーロットイズマイン)。
USインディ、オルタナティブ、シューゲイザー、ドリームポップ等の影響を反映し、国内のインディロックというカテゴリーで類を見ない異彩を放っている。
2017年6月自主リリース”When The Daybreak Comes” epは発売当初から即完売が続出と好評を博し、その後3作のシングルをリリース。
2019年にはUSのSSW "Petal"の来日ツアーサポートを務めるなど注目を集める中、2019年6月26日に1stフルアルバム "IN SOMEWHERE NIGHTS"をFLAKE SOUNDSよりリリースすることを発表。

Vocal / Guitar /nana furuya
Guitar / Koji Sugiyama

(FLAKE独占特典で、Voのnana furuyaによるホームデモ2曲を収録したCDRがつきます。)

a0087389_12190249.jpg
a0087389_12190559.jpg
a0087389_12190767.jpg

by dawaflakerecords | 2019-06-25 12:07 | FLAKE SOUNDS | Comments(0)

a0087389_12164223.jpg
a0087389_12164663.jpg

日に日に人気と評価を拡大させ続ける河原太朗のソロ・プロジェクト=TENDRE(テンダー)。
その評価を決定的なものとした1stアルバムがFLAKE SOUNDSより遂にアナログでリリース!

配信限定で先行リリースされヒットした"RIDE"や、ライブのハイライトとして今や欠かせない名曲"hanashi"といった楽曲を含む全10曲。

ソウルやファンク等、ブラックミュージックのフィーリングを往年のビンテージ感と、現在のモダンな要素から吸収し、往年の日本ポップス史アーティストとも共鳴するかの洗練されたポップネスやメロディを融合させたバランス感覚により作り上げられた楽曲はクラブリスナーからオーヴァーグラウンドな大衆リスナーまでもをカバーする圧倒的間口の広さと深度を伴った完成度を誇る傑作!!


Artist / TENDRE
Title / NOT IN ALMIGHTY
発売日2019年6月19日
LP(FLAKES-211) /¥3000税抜) / ¥3240(税込)
Label / FLAKE SOUNDS
JAN 4571207712110

Side-A
1.RIDE
2.DOCUMENT
3.SKIN
4.LOOPNESS
5.LATELY


Side-B
6.TIME SLIP
7.SYMPATHY
8.NEED
9.GIVE
10.HANASHI



[BIO]
ベースに加え、ギターや鍵盤、サックスなども演奏するマルチプレイヤー、河原太朗のソロ・プロジェクト。Yogee New Waves、Ryohu、sumika、Charaなど様々なバンドやアーティストのレコーディングに参加し、共同プロデュースなども務め、その活動は多岐に渡る。数年前よりソロでの楽曲制作を始め、2017年12月にTENDRE名義での6曲入りデビューEP『Red Focus』をリリース。同作がタワーレコード“タワレコメン”、HMV“エイチオシ”、iTunes “NEW ARTIST”、スペースシャワーTV“ミドルローテーションに選ばれるなど、各方面より高い評価を獲得。2018年10月には、tofubeatsのリミックスを含む配信限定シングル『RIDE』を含む1stアルバム『NOT IN ALMIGHTY』をリリース。今年も既にARABAKI ROCK FES、VIVA LA ROCK、GREENROOM、FUJIROCK FES、RISING SUN ROCK FESなど国内の主要フェスへの出演が続々と決定しており、そのパフォーマンスはSOIL & "PIMP" SESSIONSのダブゾンビ氏やパスピエの露崎義邦氏がSNS上で言及し話題となるなど話題を集めている。2019年4月と5月にデジタル・シングル「SIGN」「CHOICE」をリリース。


by dawaflakerecords | 2019-06-05 12:17 | FLAKE SOUNDS | Comments(0)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31