カテゴリ:FLAKE SOUNDS( 136 )

ELECTRIC EYE / FROM THE POISONOUS TREE / CD(FLAKES-177) 2017.11.3 Release

a0087389_14445911.jpg
a0087389_14453803.jpg

ノルウェーのサイケグルーヴバンド ELECTRIC EYEの待望の3rdアルバム。
よりグルーヴィに屈強に渦巻く音のうねりに呑み込まれる圧倒的作品。

Artist / ELECTRIC EYE
エレクトリック・アイ
Title / FROM THE POISONOUS TREE
フロム・ザ・ポイズナス・ツリー

発売日2017年11月3日(金)
CD (FLAKES-177) /¥2000(税抜き)¥2160(税込)
Label / FLAKE SOUNDS
JAN 4571207711779

1.Sometimes you got to jump to lift your feet

2.Invisible Prison

3.Rock på Norska
4.Endless Summer
5.Turn Around, Face the Sun

6.Serenity
7.The Diamond Sutra
8.Meditasjonen

強烈なトリップ感を持った怒涛のサイケグルーヴサウンドで、ここ日本に於いても強烈な印象を植え付けた
ノルウェーのサイケバンドELECTRIC EYEの3rdアルバム。

前作をリリース以降、mouse on the keys、The Novembers、LOSTAGE、qujaku、HAPPY、OUTATBEROといった強力な共演者と共に行ったJAPAN TOURにて、そのライブ力を日本のファンに見せつけ、ここ日本に於いて確実な爪痕を残した彼ら、日本以外にもアメリカ、イギリス、イタリア、ドイツ、デンマークなどをツアーし、それらの経験をすべて持ち込み、ブラッシュアップさせ完成した3rdアルバム!

デビューアルバムで既に確立されていた巨大なグルーヴ感とサイケ感を持ったサウンドに、歌の要素を強め新たなる武器を手にいれたとも言えた2ndアルバム。そんなあらゆる要素をより屈強に鍛えあげ、スペイシーなスケール感と、これまで以上に軽快なグルーヴも見せつけてくる振れ幅に進化と成長を感じさせる渾身の内容。
ベースとドラムの絶妙アンサンブルによるグルーヴの隙間を埋め、隙間を射抜くギターサウンド、60年代的なサイケなメロディセンスが融合し、並み居るサイケバンドとは一線を画すバンドの個性や実力を示し切る傑作の誕生。

強烈なグルーヴとスペイシーなトリップ感で突進するオープニングの”Sometimes you got to jump to lift your feet”やStone Rosesの”Fool’s Gold”あたりを彷彿とさせるミニマムなディスコグルーブが最高に気持ちのいい”Invisible Prison”、まさにサイケな”Rock på Norska”や過去最高に疾走するも、うねりを損なわないアッパーさがやばい”The Diamond Sutra”などなど、確実に過去最高傑作といえる内容です!


[PR]

by dawaflakerecords | 2017-10-27 14:49 | FLAKE SOUNDS | Comments(0)

AIMING FOR ENRIKE / LAS NAPALMAS / CD(FLAKES-176) 2017.10.27 Release

a0087389_18551406.jpg
a0087389_18543688.jpg

日本デビューとなった前作”SEGWAY NATION”と圧倒的、圧巻すぎる来日公演で人気急上昇中のノルウェーの爆裂デュオAIMING FOR ENRIKE!!更なる飛躍確定の猛烈な大傑作の完成!
Artist / AIMING FOR ENRIKE
エイミングフォーエンリケ
Title / LAS NAPALMAS / ラス・ナパルマス

発売日2017年10月27日(金)
CD (FLAKES-176) /¥2000(税抜き)¥2160(税込)
Label / FLAKE SOUNDS
JAN 4571207711762

1.Niblonian Car

2.Marion Jones

3.Social Window
4.Hi Ball
5.Lagoon
6.Front Runner

7.Lactic Acid Trip
8.Las Napalmas
9.Moustache


2ピースというミニマムな編成のロックバンドながら、圧倒的なスケール感を表現できる超絶演奏スキルとアイデア、キャッチーな要素をミックスしたスペクタクルサウンド!

前作で完成されていたかと思われたスタイルですが、ブラッシュアップ具合がハンパない想像を遥かに超えてくる凄さで完成した通算3枚目。超絶なドラムテクニックとアイデア豊富なルーパー使いで音を重ねるギターによるアンサンブルは、轟音や爆音な2ピーススタイルとも、隙間や空間を生かす2ピーススタイルとも違うこのバンドならではの独自性、斬新さで爆裂してます!全ての曲にキャッチーなフックを織り込み、奇想天外な展開でスリリング極まりない進行とスペクタクルなスケール感に興奮する事しかできない超絶傑作。

2017年初頭に行われた来日公演でも、インパクトと衝撃しか残さなかった痛烈なライブを披露。
体感した人間全てが「やばすぎる」と称したと言っても過言ではない凄まじさ。そのライブでも披露され、来日公演前に大阪の某スタジオ練習動画をtwitterへ投稿したところ3万回以上の再生!
その来日公演でも披露され、地響きかの如き猛烈なノイズと重厚感でスペクタクルが過ぎる展開の冒頭曲”Niblonian Car”や、超絶スリリングさに誰もが息を飲んだ”Marion Jones”や、キャッチーなイントロから重量級のグルーヴがうねる”Social Window”などなど、全9曲全てがハイライトな内容です。

日本ツアー時にズボンのチャックが開いてる事を伝える事により命名された社会の窓こと”Social Window”や打ち上げでのハイボール、いわゆるウイスキー&ソーダの名称、語感が気に入り命名された”Hi Ball”なる曲など、日本ツアーが実現したが故に縁もゆかりもある内容になっています!

[PR]

by dawaflakerecords | 2017-10-16 18:59 | FLAKE SOUNDS | Comments(0)

BLOODY BEACH / BOYS / CD(FLAKES-173).2017.10.20 Release

a0087389_16304543.jpg
a0087389_16295576.jpg


数々の良質アーティストを輩出するノルウェーの小さな音楽都市ベルゲン出身の5人組!

”TROPIDELICA”と称するハイブリッドなトロピカルサウンドがますます進化を遂げたグルーヴ増強の極上の2ndアルバム完成!


Artist / BLOODY BEACH

ブラッディ・ビーチ

Title / BOYS / ボーイズ


発売日20171020()

CD (FLAKES-173) /¥2000(税抜き)¥2160(税込)

Label / FLAKE SOUNDS

JAN 4571207711731

BLOODY BEACHの在庫@FLAKE RECORDS



1. Mezcal Letters


2. Troubled Minds


3. You’ll Be Fine, Sister

4. Why Do You Always Let Me Down

5. Maria Magdalena

6. Au Revoir

7. 4 Grams Alive

8. All The Same

9. Brazilian Girls

10.Iscariot

11.Macchu Pichu



2010年から活動するベルゲンの5人組。

EP”BONANZA”を無料配信でリリース、2012年には世界最大の音楽見本市SXSWにも参加。

ノルウェーの絶対的レーベルTELLEから7インチ”QUEMBO QUE?”のリリースを経てデビューアルバム

”Bloody Beach Pirate Radio Presents”2014年にリリース。

アルバムリリース後はノルウェー最大の音楽フェスOYA FESTIVALDENMARKROSKILDE FESTIVALなどに出演。今回満を持して3年ぶりの新作が完成!


YOUNG DREAMS / Sondre LercheのメンバーでもあるChris Holmを中心に多数のバンドで活躍するミュージシャンが集結したバンド!


デビューアルバムで確立していたロック、サイケデリック、ダブ、アフロビート、ディスコ、パンク、レゲエ、ポップをミックスし自ら”TROPIDELICA”(トロピデリカ)と称するサウンドに更に磨きをかけた説得力十分の楽曲が揃った傑作。


アフロビートの躍動感、トリップ感をたっぷりのサイケ、ダブ、そしてレゲェの要素。ロックのダイナミズム!そこにノルウェーの伝統的なカラフルかつひねくれたアカデミックなポップエッセンスや基本レベルで違うハーモニーワークをミックスした極上すぎるサウンドは、ノルウェーと言う土地でしか産まれなかった突然変異的なポップミュージック!


同郷のYOUNG DREAMSKAKKMADDAFAKKATEAM MEはファン当然の、TEMPLESTAME IMPALAなんかに通じるグルーヴィンなサイケ要素も極上で、確実に前作より多くの音楽ファンにアプローチできる傑作です。




[PR]

by dawaflakerecords | 2017-10-16 16:44 | FLAKE SOUNDS | Comments(0)

CHAI / N.E.O. / sayonara complex / 7inch(FLAKES-174) / 2017.10.11 Release

a0087389_18270574.jpg
a0087389_18271316.jpg
a0087389_18272050.jpg
a0087389_14165783.jpg
話題沸騰『NEO - ニュー・エキサイト・オンナバンド』CHAIのキラーな2曲を収録した7インチが1stアルバム”PINK”に先駆けて、熱烈オファーの結果が実りFLAKE RECORDSより先行で7インチリリース!

Artist / CHAI
Title / N.E.O. / sayonara complex
発売日2017年10月11日(水)
7inch (LIMITED 800) (FLAKES-174) /¥1500(税抜き)¥1620(税込)
Label / FLAKE SOUNDS
JAN 4571207711748
A-side
N.E.O.

AA-side
sayonara complex


前作EP「ほめごろシリーズ」に収録された耳の早いリスナーや各界の著名人からの注目を集めた「sayonara complex」と、1st Full Albumのリードトラックとなる挑戦的な新曲「N.E.O.」を収録した両A面シングルとなっている。
新曲「N.E.O.」はコンプレックスを前向きにとらえ過ぎ、もはや1周してCHAIが世の女子の味方なのかわからなくなるほどパワフルで踊れる剥き出しの注目曲。500枚の限定生産となっているため、逃さずゲットしよう。

【CHAIプロフィール】
CHAI(ちゃい)

ミラクル双子のマナ・カナに、ユウキとユナの男前な最強のリズム隊で編成された4人組、『NEO - ニュー・エキサイト・オンナバンド』、それがCHAI。
誰もがやりたかった音楽を全く無自覚にやってしまった感満載という非常にタチの悪いバンドで、2016年の春以降、突然いろんな人が「CHAIヤバい」と韻を踏みながら口にし始め、ある日突然ノンプロモーションなのにSpotify UKチャートTOP50に代表曲『ぎゃらんぶー』が突如ランクイン! (※最高位36位)。2017年SXSW出演と初の全米8都市ツアーも大成功におさめ、4月26日に今現在のCHAIのヤバさがすべて詰め込まれた2nd EP「ほめごろシリーズ」をリリース。
その常軌を逸したライブパフォーマンスを観てしまった全バンドマンがアホらしくなってバンド解散ブームすら起こりかねないほど、
彼女たちに触れた君の2017年度衝撃値ナンバーワンは間違いなく『NEOかわいいバンド』、CHAIだよ!


[PR]

by dawaflakerecords | 2017-09-25 21:27 | FLAKE SOUNDS | Comments(0)

YOUNG STATUES / AMARILLO / CD(FLAKES-175)/2017.10.4 Release

a0087389_13304223.jpg
フィラデルフィアのエモーショナルインディロックバンド!約3年ぶりとなるNEW EPを日本先行、限定500枚リリース!!今作を引っさげての再来日ツアーも大決定!

Artist / Young Statues
Title / Amarillo
発売日2017年10月4日(水)
CD (FLAKES-175) /¥1500(税抜き)¥1620(税込)
Label / FLAKE SOUNDS
JAN 4571207711755
1.Dive
2.True Liberty

3.Somebody Else
4.Undone
5.Reminder

6.Redmouth

エモーショナルさが益々青く、かつ渋く染み入るインディロックサウンド。
天賦の才能とも言える青春声で蒼く駆け抜けるグッドメロディで、ここ日本でも大人気バンドとなった
フィラデルフィアのインディロックバンドYOUNG STATUESの待望のNEW EP!

シンガーソングライターCARMEN CIRIGNANOを中心とした4人組。最大の武器であり、そもそもの特別な才能と言えるCARMENの青春ボイスとメロディセンスを芳醇なバンドアレンジで彩ったエモーショナルな泣き具合、染み込むメランコリックさ、甘酸っぱいメロディを蒼いだけじゃなく深さで表現。2ndでのシリアスなエッセンスと1stでの衝動的蒼さがちょうどミックスされたかの全6曲の新曲。

いわゆる青春EMOなところから始まり、辿り着いた現在のサウンドが醸し出す説得力や深みは、アメリカンロックのルーツな所にまで響いている感じで、Bruce SpringsteenやRyan Adamsといったファンをも魅了する仕上がりです。

a0087389_13331288.jpg
a0087389_13331501.jpg



[PR]

by dawaflakerecords | 2017-09-23 14:31 | FLAKE SOUNDS | Comments(0)

KOMMODE / ANALOG DANCE MUSIC /CD(FLAKES-172).2017.8.16日本先行リリース

a0087389_14285127.jpg

a0087389_1428599.jpg

ノルウェーが産んだ偉大なるデュオ、Kings Of ConvenienceのEirik Glambek Bøeと、彼の幼馴染であるØystein Gjærder Bruvikを中心としたプロジェクトがついに本格始動!5年の歳月をかけて録音されたデビューアルバム。

Artist / KOMMODE / コモード
Title / ANALOG DANCE MUSIC / アナログ ダンス ミュージック


発売日2017年8月16日(水)*日本先行発売
CD (FLAKES-172) /¥2300(税抜き)¥2484(税込)
Label / FLAKE SOUNDS
JAN 4571207711724
Kommodeの在庫@FLAKE RECORDS

1.Shoes ★
2.Captain Of Your Sinking Ship ★

3.Lady - Logic
4.Fight Or Flight Or Dance All Night ★

5.The Ink In The Great Book Of Music ★
6.Not The Bigger Picture ★
7.Agent
8.Houses For Birds
9.I Feel Free
10.Come on, Sense!

 ★オススメトラック

2000年代を彩ったノルウェー。ベルゲン出身のデュオKings Of ConvenienceのVo/GtであるEirik Glambek Bøeを軸にしたNEWプロジェクト!THE WHITEST BOY ALIVEやソロなどコンスタントに多彩な活動しているErlend Øyeとは違い、沈黙を続けてきたEirikが遂に!と、多くのフKings Of Convenienceァンが歓喜するであろう今回のKommodeのフルアルバムの完成。

もともとErlend Øyeと共にKings Of Convenienceの前に活動していたSkogというバンドのメンバーを母体とした旧知のメンバーにより完成に至った今作はKings Of Convenience同様に透明感、清涼感のあるソフト美メロディやハーモニーを軸にしつつも、よりフィジカル感のあるサウンドでサンバからジャズまでもを取り入れ、グルーヴィンなディスコポップに仕上がった、まさに極上としか言いようの無い圧倒的に素晴らしいサウンド!

Kommodeの音楽はミニマルを追求したKings Of Convenienceとは別の方向性にあり、「フランス南部、真夏の海辺で太陽にキスをされ、友人たちと開催するパーティのサウンドトラック」という音楽を作るのに成功したと。

バンド自身が影響を公言するThe Sea And Cake、Gal Costa、João Gilbertoの名前が腑に落ちすぎるサウンド。
初期ROYKSOPPのようなソフトエレポップテイストも感じられるビンテージなサウンドとモダンなセンスがEirikによる素晴らしい歌声、素晴らしいメロディの元に躍動する全曲名曲と断言できる傑作の誕生です。北欧ポップのマジカルさを存分に感じられる事でしょう!


メンバー
Eirik Glambek Bøe (vocals and base)
Øystein Gjærder Bruvik (bacing vocals and eclectic guitar)
Anders Waage Nilsen (drums and percussion)
Paul Holden (keyboards)
a0087389_1432785.jpg

[PR]

by dawaflakerecords | 2017-08-10 14:34 | FLAKE SOUNDS | Comments(0)

HAJK / HAJK /CD(FLAKES-171) / 2017.7.19 Release

a0087389_12565319.jpg

a0087389_1258090.jpg

スマートなインディセンスとコマーシャルなポップセンスをミックスさせたサウンドはDirty Projectors meets Phoenixとも称され大注目。ノルウェーの男女混合インディポップバンド衝撃のデビューアルバム。

Artist / HAJK / ハイク
Title / HAJK / ハイク


発売日2017年7月19日(水)
CD (FLAKES-171) /¥2000(税抜き)¥2160(税込)
Label / FLAKE SOUNDS
JAN 4571207711717
HAJKの在庫@FLAKE RECORDS


1.Magazine

2.Nothing Left to Say

3.Flowerdust
4.Common Sense
5.Medicine
6.Best Friend
7.I Don’t Remember
8.My Enemy
9.Not Anymore

10.Somebody Else

ノルウェーはオスロの男女混合5人組バンドのデビューアルバム!
最初に発表した楽曲”Common Sense”がすぐにノルウェーの国営ラジオ曲にピックアップされ、2017年の初頭に発表された”Magazine”は世界的に大きな反響を呼び、USの、UKの、スウェーデンのなどがピックアップ!

すぐさまSlottsfjellfestivalen、ØyafestivalenそしてBy:Larmといった北欧のフェスへの出演を果たし、大きな注目を集める中完成したデビューアルバム。

モダンなポップロックのスタンスで完成した楽曲の数々はDirty ProjectorsやUnknown Mortal Orchestraあたりと比較されつつも、このバンドの確固たる個性も既に確立されており、男女混合ボーカルにより分かち合うメロディ、ハーモニーを軸に、洗練されたモダンかつエクスペリメンタルな要素を組み込みつつも、ファンクだったりソウルをミックスし、北欧ポップの魔法を感じずにはいられないカラフルに、ポップに輝く楽曲。すぐに世界は彼らを発見することでしょう。


メンバー
Preben Sælid Andersen (Vo)
Sigrid Aase (Vo)
Knut Olav Buverud Sandvik (Bass)
Johan Nord (dr)
Einar Næss Haugseth (Key)
[PR]

by dawaflakerecords | 2017-07-10 13:10 | FLAKE SOUNDS | Comments(0)

MASS OF THE FERMENTING DREGS × 宮本菜津子 / スローモーションリプレイ /7inch(FLAKES-162)2017.3.1発売

2ndプレス完成!
盤のカラーもホワイトからクリアグリーンに変更!

a0087389_12323291.jpg

a0087389_1232372.jpg


a0087389_1933075.jpg

a0087389_193339.jpg

既にライブで披露され名曲との呼び声高き”スローモーションリプレイ”が遂に音源化!!
MASS OF THE FERMENTING DREGS再始動後初となる音源は7インチで登場!!
同時にボーカル宮本菜津子とのSPLITという形で、彼女のソロ名義ヴァージョンも収録!

Artist / MASS OF THE FERMENTING DREGS × 宮本菜津子
Title / スローモーションリプレイ

発売日2017年3月1日
7inch (White Vinyl) + DLコード (FLAKES-162) /¥1500 /¥1620
2nd press 7inch (Clear Green Vinyl) + DLコード (FLAKES-162) /¥1500 /¥1620
Label / FLAKE SOUNDS
JAN 4571207711625
ご注文はこちらから

track list

A-Side / MASS OF THE FERMENTING DREGS/スローモーションリプレイ
B-Side / 宮本菜津子/スローモーションリプレイ

a0087389_1229049.jpg

a0087389_1229245.jpg


2012年の活動停止から3年、ギターに小倉直也、ドラムスに吉野功という鉄壁のメンツにて活動を再開したのが2015年12月、それから1年半余りを経て、2017年3月、遂にMASS OF THE FERMENTING DREGSの新作が届けられた。
バンドの活動停止以降、Ba ,Voの宮本菜津子は弾き語りでのライブ活動を精力的に展開し、自らの歌や、ソングライティングの立脚点に立ち返った。
自らが生まれ育った地である兵庫県へ戻り、1983年生まれというオルタナティブ世代ど真ん中の宮本の自らの音楽体験を、ソロ活動を通して総括していった結果、今作「スローモーションリプレイ」は、従来からバンドの持っていたグルーヴ感や爆発力とはまた別の、だが確実にそれまでもバンドを推進してきたもう一つの大きな武器「メロディー」が、より深く高らかに鳴らされることとなった。宮本の弾き語りバージョンとの両A面ということもあり、なぜまたMASS OF THE FERMENTING DREGSを動かすことになったのかを考察しつつ、また曲作り、コンポーズの側面から聴き比べることが可能となっている。
吉野の軽やかで、しかし確信を持って打ち鳴らされるドラムス、小倉の変幻自在かつメロディアスなプレイが宮本の直線的なベースラインと歌声に絡み合い、男声コーラスと女声ボーカルのハーモニー&コーラスというこの3人でしか得られない独自性をも獲得した、まさに活動再開の狼煙として相応しすぎる名曲の誕生だ。
ライブ活動再開以降彼女らを積極的にサポートしてきた大阪のFLAKE RECORDSからの7インチリリースという形態も、バンドが新たなフェーズに突入しようという意思を強く持っていることが感じられる。
2017年、この7インチリリース以降、定例での東京ワンマンライブシリーズを行うことも発表し、まさにセカンドシーズンを突っ走りだしたMASS OF THE FERMENTING DREGS。多くのフォロワーを生んだ勢いとグルーヴ、爆発力に、強いメロディーを手に入れた彼女らは過去すら軒並み置き去りにする勢いで爆進していきそうだ。

テキストby 山口将司(BED)

ご注文はこちらから


FOR INTERNATIONAL ORDER
we can accept overseas order
*payment is paypal only
*shipping method is EMS only
EMS shipping price list
*plus paypal fee - 3.6% of total price + 40 JPY

If you are ok, please put on product ID and qty
name, address, phone
please mail info[at]flakerecords.com

[PR]

by dawaflakerecords | 2017-06-17 12:35 | FLAKE SOUNDS | Comments(0)

WILD HONEY / TORRES BLANCAS /CD(FLAKES-169) / 2017.6.21 release

a0087389_2020461.jpg

a0087389_2014716.jpg


スペインはマドリードのGUILLERMO FARREによる音楽プロジェクトWild Honeyの3rdアルバム!
これまでより成熟したハーモニーとメロディを軸にしたソフトロックワールドを展開する大傑作の誕生です!

Artist / WILD HONEY
ワイルドハニー
Title / TORRES BLANCAS
トレスブランカス


発売日2017年6月21日
CD (FLAKES-169) /¥2000(税抜き)¥2160(税込)
Label / FLAKE SOUNDS
JAN 4571207711694
WILD HONEYの在庫@FLAKE RECORDS


1.El volcán de Montserrat
2.Torres Blancas
3.Ojo De Cristal
4.Mapas De Zonas Desiertas

5.Horóscopo

6.Desenfocada
7.Leopardo
8.Reverb Infinita
9.Acantilado
10.Siguiendo A Desconcidos

STEREOLABのTim Ganeのプロデュースにより飛躍的な成長を遂げた2ndアルバムより3年を経て、今作ではそのSTEREOLABやTHE HIGH LAMASで活躍するストリングスアレンジ職人Sean O'Haganが参加。またLAをベースに活動するミュージシャンで、TROUBLE IN MINDから作品をリリースしており、あのPITCHFORKをして"bedroom pop genius(ベッドルームポップの天才!)“と称したMASTONが参加し、作品に彩りを加えています。

THE ZOMBIESやSCOTT WALKER、CURT BOETTCHER、MICHEL LEGRANDと言ったルーツなレジェンドミュージシャン/バンドからSUFJAN STEVENS、JENS LAKEMANと言った現在のシンガーソングライターも引き合いに出される深みと愛嬌を兼ね備えたポップなサウンドを展開したデビューアルバム"EPIC HANDSHAKES AND A BEAR HUG”と2nd”BIG FLASH”がここ日本でもロングセラーとなり、ソロ仕様での来日ツアーでもKeishi TanakaやTurntable Films、YeYe、Annie The Clumsy、綾部健司 (U&DESIGN)等と共演し、日本のファンにもお馴染みとなったWild Honeyの3年半ぶりの新作!

Tim Ganeと作業をした前作での素晴らしき経験、膨大な楽器やスタジオ機材の知識を得て挑んだという今作の制作、過去2作の英語歌詞から、母国語であるスペイン語に戻った事により、表現力やニュアンスが増し、Sean O'Haganによる素晴らしきオーケストラルアレンジがWild Honeyの音楽に新たなレイヤーをもたらし、MASTONは様々なチューニング技法によりトロピカルなエッセンスを持ち込み、元来のメロディセンスやハーモニーの素晴しさに加えて、コラージュ手法や叙情的な達成感、大胆な構成と繊細なオーケストラルアレンジを洗練させた、素晴らしき奥の深い作品が生まれました。

THE BEACH BOYSがゲストにTHE CARPENTERSとSTEREOLABを招いたパーティのようだと形容させるWild Honeyの3rdアルバム。存分に音楽の魔法を体感してください。
[PR]

by dawaflakerecords | 2017-06-11 20:25 | FLAKE SOUNDS | Comments(0)

HAPPY / MELLOW FELLOW / HEY / 7inch(FLAKES-166) 2017.6.7 Release

a0087389_17171087.jpg

a0087389_17171368.jpg

a0087389_17171768.jpg


PHOTO ZINEという形で発表されたHAPPYの新曲2曲をカップリングした7inchを、デビュー前から交流の深い大阪のレコードショップFLAKE RECORDSレーベルFLAKE SOUNDSよりリリース!

Artist / HAPPY
Title / MELLOW FELLOW / HEY

発売日2017年6月7日

7inch + DLコード (FLAKES-166) /¥1500 /¥1620
Label / FLAKE SOUNDS
JAN 4571207711663
HAPPYの在庫@FLAKE RECORDS


track list

A-Side / MELLOW FELLOW

B-Side / HEY


アパレルブランドGapによる''Gap Summer 2016 Music Project''のキャンペーンテーマ曲として書き下ろされ、ミュージックビデオが先行公開されPHOTO ZINEとのセットでリリースされた’Mellow Fellow’と、HAPPY ZINEシリーズの第二弾としてリリースされた”Hey”をカップリングした待望のフィジカルリリース!
a0087389_17201663.jpg

[PR]

by dawaflakerecords | 2017-05-23 17:19 | FLAKE SOUNDS | Comments(0)