「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:FLAKE SOUNDS( 123 )

MASS OF THE FERMENTING DREGS × 宮本菜津子 / スローモーションリプレイ /7inch(FLAKES-162)2017.3.1発売

a0087389_1933075.jpg

a0087389_193339.jpg

既にライブで披露され名曲との呼び声高き”スローモーションリプレイ”が遂に音源化!!
MASS OF THE FERMENTING DREGS再始動後初となる音源は7インチで登場!!
同時にボーカル宮本菜津子とのSPLITという形で、彼女のソロ名義ヴァージョンも収録!

Artist / MASS OF THE FERMENTING DREGS × 宮本菜津子
Title / スローモーションリプレイ

発売日2017年3月1日
7inch (White Vinyl) + DLコード (FLAKES-162) /¥1500 /¥1620
Label / FLAKE SOUNDS
JAN 4571207711625
ご注文はこちらから

track list

A-Side / MASS OF THE FERMENTING DREGS/スローモーションリプレイ
B-Side / 宮本菜津子/スローモーションリプレイ

a0087389_1229049.jpg

a0087389_1229245.jpg


2012年の活動停止から3年、ギターに小倉直也、ドラムスに吉野功という鉄壁のメンツにて活動を再開したのが2015年12月、それから1年半余りを経て、2017年3月、遂にMASS OF THE FERMENTING DREGSの新作が届けられた。
バンドの活動停止以降、Ba ,Voの宮本菜津子は弾き語りでのライブ活動を精力的に展開し、自らの歌や、ソングライティングの立脚点に立ち返った。
自らが生まれ育った地である兵庫県へ戻り、1983年生まれというオルタナティブ世代ど真ん中の宮本の自らの音楽体験を、ソロ活動を通して総括していった結果、今作「スローモーションリプレイ」は、従来からバンドの持っていたグルーヴ感や爆発力とはまた別の、だが確実にそれまでもバンドを推進してきたもう一つの大きな武器「メロディー」が、より深く高らかに鳴らされることとなった。宮本の弾き語りバージョンとの両A面ということもあり、なぜまたMASS OF THE FERMENTING DREGSを動かすことになったのかを考察しつつ、また曲作り、コンポーズの側面から聴き比べることが可能となっている。
吉野の軽やかで、しかし確信を持って打ち鳴らされるドラムス、小倉の変幻自在かつメロディアスなプレイが宮本の直線的なベースラインと歌声に絡み合い、男声コーラスと女声ボーカルのハーモニー&コーラスというこの3人でしか得られない独自性をも獲得した、まさに活動再開の狼煙として相応しすぎる名曲の誕生だ。
ライブ活動再開以降彼女らを積極的にサポートしてきた大阪のFLAKE RECORDSからの7インチリリースという形態も、バンドが新たなフェーズに突入しようという意思を強く持っていることが感じられる。
2017年、この7インチリリース以降、定例での東京ワンマンライブシリーズを行うことも発表し、まさにセカンドシーズンを突っ走りだしたMASS OF THE FERMENTING DREGS。多くのフォロワーを生んだ勢いとグルーヴ、爆発力に、強いメロディーを手に入れた彼女らは過去すら軒並み置き去りにする勢いで爆進していきそうだ。

テキストby 山口将司(BED)

a0087389_12274435.jpg

a0087389_12274691.jpg

a0087389_12274875.jpg

FLAKE限定サイン入りエディションもあり!
ご注文はこちらから


FOR INTERNATIONAL ORDER
we can accept overseas order
*payment is paypal only
*shipping method is EMS only
EMS shipping price list
*plus paypal fee - 3.6% of total price + 40 JPY

If you are ok, please put on product ID and qty
name, address, phone
please mail info[at]flakerecords.com

[PR]

by dawaflakerecords | 2017-02-13 12:34 | FLAKE SOUNDS | Comments(0)

Aiming For Enrike / Segway Nation / CD(FLAKES-161) /2017.1.18 Release

各地で好評!!ありがとうございます!!!

a0087389_1501399.jpg

a0087389_150165.jpg

a0087389_1501868.jpg


a0087389_1758637.jpg

a0087389_1757035.jpg

ノルウェーの爆裂2ピースマスロックバンド、圧倒的NEWアルバムで衝撃の日本デビュー!!
HELLAやLIGHTNING BOLTの遺伝子を受け継ぎ進化させた、マスロックの緻密さと原始的なロックのダイナミズムが共存する今までいなかったタイプのインストロックバンドです!!

Artist / Aiming For Enrike
Title / Segway Nation


発売日2017年1月18日(水)
CD (FLAKES-161) /¥2000(税抜き)¥2160(税込)
Label / FLAKE SOUNDS
JAN 4571207711618
Aiming For Enrikeの在庫@FLAKE RECORDS


Track List
1.Newspeak

2.Riget試聴♪
3.Maddriver試聴♪<
4.Billion Year Contract

5.Minitrue試聴♪
6.Ushikawa試聴♪
7.Now Watch This Drive試聴♪
8.Necrocratic Republic試聴♪
9.Phonephobia試聴♪
10.Segway Nation試聴♪
11.Almost All Of Them試聴♪
12.Nakata Johnny Walker試聴♪

★試聴お勧め

ノルウェーでは超ビッグHIGHASAKITEなどが所属するNAME MUSICに所属している2ピースバンド!
編成はTobias Ørnes (drums) とSimen Følstad Nilsen (guitars)というデュオ編成で、近年では珍しく無いスタイルですが、よくある轟音ガレージなスタイルではなくて、とても2人とは思えない破格のスケールでスペクタクルに展開される複雑なアンサンブルを驚異の演奏力でダイナミックに聴かせる圧巻のデュオ!!
ポリリズミックなグルーヴとビシバシ決まるリフに強烈なメロディを兼ね備えたスリリングなロックサウンドに引きずり込まれること確実です!HELLAやLIGHTNING BOLTの影響に加えて、エレクトロニックミュージックのミニマルなループ感、JAZZ的なアプローチ、FUNKやPOST/PUNKのダンサビリティも追求した唯一無二のサウンドを形成!

精力的なライブ活動でその名を知らしめ続け、本国ノルウェーの最大のフェスティバルOYA FESTIVALにも出演し、その2人とは思えないサウンドを、ドラムと3台のギターアンプ、多彩なループエフェクトを駆使して表現しきる圧倒的ライブパフォーマンスで大絶賛!

ノルウェーから出てきた最もエキサイティングなバンドの一つだと称される超注目バンド!
LITEやBATTLESファンを根こそぎ完全魅了すること必至のサウンドです。
シンプルに言えば、聞けばわかる!
強烈なインパクトをもたらす日本デビューです!



Aiming For EnrikeをAMAZONで買う
Aiming For EnrikeをTower Recordsで買う
Aiming For EnrikeをHMVで買う

[PR]

by dawaflakerecords | 2017-02-04 15:00 | FLAKE SOUNDS | Comments(0)

SPACE KELLY / BEST OF SPACE KELLY / CD(FLAKES-160)

a0087389_205479.jpg

a0087389_20541143.jpg

a0087389_20534949.jpg

a0087389_2054507.jpg

2012年にリリースした10年ぶりの3rdアルバムリリース、そして奇跡の友情メンツが集った日本ツアーを経て新曲を加えたベストアルバムがリリース!!
日本で廃盤となっている大傑作1st、2ndのからの曲に加え、貴重な音源を網羅した究極のベストアルバム!ドイツ語ながら異例の大ヒットとなったドイツインディポップが起こした奇跡を封じ込めた1枚。
そしてSpace Kellyの初の日本ライブから20周年を記念したベストオブベストな日本ツアーも大決定!前回ツアーで実現した日本人アーティストによるスペシャルバンド編成ではなく、本国ドイツでのバンドメンバーでの来日となります!こちらも要チェック!!
Artist / Space Kelly
スペースケリー
Title / Best Of Space kelly
ベストオブスペースケリー


発売日2016年10月19日
CD (FLAKES-160) /¥2300(税抜き)¥2484(税込)
Label / FLAKE SOUNDS
JAN 4571207711601
SPACE KELLYの在庫@FLAKE RECORDS

Track List
1.Bist Du dabei?

2.Die schönsten Mädchen gibt es in Amsterdam

3.Prinzessin Millionenschön
4.Mein kleines Techno Girl
5.Das Mädchen aus dem Fussballtrikotkatalog

6.Für Dich
7.September Mädchen

8.Einen Augenblick

9.Schluss, Aus und Vorbei!

10.Ich wollte nie eine Nacht mit einem Groupie
11.Ich möchte die weiblichen Fans von Take That (ska version)

12.Bleib zu Hause!
13.Du bist jetzt Pornostar
14.Sozusagen Schluss gemacht
15.Der Fernseher bleibt heut‘ aus!
16.Im Arm
17.Sie sagte: Komm‘ lass uns Liebe machen!
18.Es ist OK
19.Was mal war (hat nun keinerlei Wert)


[bio]
日系ドイツ人KEN STEENによるワンマンユニット!2000年にリリースしたデビューアルバムがドイツ語のインディポップバンドとしては異例中の異例とも言える大ヒット!クラブで踊れる軽快さと、TEENAGE FANCLUBに代表される王道ギターポップマナーの絶対的なソングライティング能力の高さによる、USインディやUKのギターポップ、当時大ムーブメントであったスウェディッシュポップなエッセンスをも盛り込んだ楽曲の数々と、優しい歌声とメロディは、日本人の琴線に完全にマッチし大歓迎されました!続く2ndアルバム"S.K.F.C."では実際にTEENAGE FANCLUBのNORMNAN BLAKEにFRANCIS MACDONALDも参加し、NHKテレビのドイツ語講座のエンディングテーマに抜擢された収録曲"Schluss, Aus und Vorbei!"がラジオでも大ヒット!遂にはその番組にまで出演!累計セールス5000枚を超えており、確実にワールドカップを見に来たついでに敢行した初来日ツアーでは結成直後のCUBISMO GRAFICO FIVEと名古屋、京都、大阪、東京と周り、各地共演にカジヒデキ、NORTHERN BRIGHT、なんとBRAHMANまで迎えて大盛況!更にはDJで浜松、松江、広島、博多、大分等各地の地元に根付いたパーティでプレイをし、海外アーティストとは思えないフットワークの軽さと人なつっこい性格、カタコトながら日本語が喋れる事により日本での人気を不動のものに!
その後リリース元のレーベルが消滅し、彼の活動も別ユニットであるTorpedo Boyzに移行していきます。SPACE KELLYとは違うファンキーでグルーヴィなディスコサウンドを展開するTorpedo Boyzは世界各地で成功を収めます。完全にTorpedo Boyzでの活動を中心としていましたが2006年と2008年にSPACE KELLYとして2枚のカバーアルバムをリリース。しかし表立った活動はなかったのですが、日本で最後にリリースした"S.K.F.C."よりちょうど10年と言う事で、本格的に再始動!2012年に3rdアルバム”BIST DU DABEI?”をリリース!

その後に行われた来日公演ではバンドをBassにカジヒデキ。KeyにTGMX。パーカッションにCHABE。Guitarにフルカワユタカ(exDoping Panda)。Drにツナ(exTHE KEYS)という豪華な日本人メンバーで固めたスーパーバンドでのツアーを行い大反響。そして2016年、新曲1曲を加えたベストアルバムをリリース!次は本国ドイツ人メンバーを引き連れての来日公演も決定!

SPACE KELLY JAPAN TOUR 2016

11月7日(月)@新代田FEVER
11月8日(火)@心斎橋JANUS
11月9日(水)@広島CLUB QUATTRO
11月10日(木)@福岡KIETH FLACK
11月12日(土)@神戸HELLUVA LOUNGE
11月13日(日)@京都METRO
11月14日(月)@新代田FEVER

SPACE KELLY JAPAN TOUR 2016情報!

a0087389_1345343.jpg

a0087389_134144.jpg

[PR]

by dawaflakerecords | 2016-10-13 13:05 | FLAKE SOUNDS | Comments(0)

THE GHAN / Erewhon /CD(FLAKES-159)2016.9.28 Release


a0087389_18434470.jpg

a0087389_1843557.jpg


Detrytus主宰のkeystone discからリリースされ界隈をざわつかせたデビューアルバム”Jungle”を経ての2ndアルバムはその攻撃性や孤高感、エッジを失わずによりレンジを広げた照準と結実した楽曲が詰め込まれた渾身の内容で、大阪堀江にあるレコードショップFLAKE RECORDS主宰レーベルFLAKE SOUNDSよりリリース!

ビリビリ来る緊張感で聞き手を支配する楽器同士の衝突とグルーヴに、これまでよりも比重が増えたメロディへの深度が、ハードコア、グランジ、ジャンクを経由したオルタナティブなロックサウンドとして響き渡る圧倒的な傑作になりました!
それぞれのバンドでの経験があってこそのケミストリーと失われない衝動に痺れまくって下さい!

Artist / THE GHAN / ザ・ガン
Title / Erewhon / エレフォン

発売日2016年9月28日
CD (FLAKES-159) /¥1800(税抜き)¥1944(税込)
Label / FLAKE SOUNDS
JAN 4571207711595
THE GHANの在庫@FLAKE RECORDS


1.DEAD SLEEP
2.WARM TRAIL
3.REMEMBER
4.TIDE TURNS
5.NO REAL
6.SUPERNOVA
7.DAWN
8.LIFE IS BEAUTIFUL

THE GHAN
【member】
Yoshitaka Ishihara(guitar) elica
Daisuke Sugawara(guitar/vocal) detrytus
Yoichi Eda(bass/vocal) threadyarn
Shunsuke Oya(drums) segwei

東京を中心に活動するロックバンド『THE GHAN』。2012年、ライブ活動を開始。2014年、keystone discより1stアルバム『jungle』をリリース。そして2016年、FLAKE SOUNDSより2ndアルバム『Erewhon』をリリース。各メンバーが参加するDetrytus / elica / Segwei / threadyarnといったバンドに共通する音楽性も感じさせつつ、今作はより歌やメロディにもチャレンジした作品。

録音、 ミックス Takaaki Hoshino
マスタリング Kentaro Kimura
[PR]

by dawaflakerecords | 2016-09-13 18:45 | FLAKE SOUNDS | Comments(0)

ZA FEEDO / 2772 /CD(FLAKES-157)2016.9.7 Release(PV/コメント追加)

ZA FEEDO / 2772


★応援コメント★

◼︎邦楽シーンにこんなにも深い音楽が出てくる事を期待していたのは、きっと僕だけじゃないと思う。ビートミュージックであり、ドープでありながらカフェスタイル。とても美味しく味わいました。
井澤惇 / LITE, FULLARMOR

◼︎聴くだけじゃない、頭と身体を使ってノる音楽。いいですね、迷いこんじゃいそう。
大胡田なつき / パスピエ

◼︎どの楽曲も全然、一筋縄ではないのにとても清々しい。まるで居心地の良い現代美術館で草間彌生とか奈良美智を鑑賞してるかの様。ビートや構成の突き抜けた緻密さが、言語の壁を取り去ってアピールする。ぜひ、海外へドンドン出て行ってもらいたいバンドですね。素晴らしい!
大坂昌彦(ds)

◼︎1人あたり戦闘力1万8,000でお馴染みのZA FEEDO、待望の1stアルバムリリースおめでとうございます。
楽曲も詩作も(普段の言動も)自由度が高くハミ出まくるメイちゃん&それを余裕で包みつつ更にハミ出していくメンバーの大きさは、絶妙な“バンド感”だなといつも思います。
恋人との部屋聴きもOKのエクスペリメンタル・ポップなアルバム!です。
色んな人が聴くといいな
TAMTAM クロ(Vo.)

◼︎男性性の攻撃的でスペイシーな空間を包みこむ女性性。
どこかの星の特設ステージで壮大な宇宙物語を聴いているみたいだ。
小林うてな

◼︎4人の奇才が
エレクトロニック奏でる
エキセントリック満漢全席
東京混沌から宇宙の果てまで
届け 
フーチャリスティックこの音!
鹿野洋平 / my hawaii

◼︎なまじっか音楽を作り、編み、そして鳴らす立場にある自分でも、この「2772」という作品を産み出すにあたりどれだけの知恵やアイデアや技術を要し、どれだけそれらが注ぎ込まれているのか想像出来ないことはない。でもそれらをなんとか言葉にして表してみるということはあまりに野暮だ。野暮というよりも愛がないことに近い。
知恵やアイデアや技術もさることながら、たくさんの情熱と想像とユーモアが乱れ飛ぶ音の粒の隙間や不安なほど間がある音の隙間で生き生きとしている。
想像する力をブーストしてくれるような素敵な作品をありがとうございます。
シモリョー / the chef cooks me

◼︎耳に残る癖になるリリック。そのビートは軽妙なのに重心が異様に低い。
描かれるのは、ポップなパステルカラーでコーティングされた狂気じみた世界観。
ちょっといままでこんなバンドには会った事が無いな。
アルバムリリースおめでとう。
社長 / SOIL&”PIMP”SESSIONS

◼︎例年より早くやつは来た。正しい行為を促されるのは好きじゃない。
ましてや朝からヨガをするなんてまっぴらだ。
触れ合い、それは事故。今日は風が気持ちいい、事故の後遺症か?
Seiho

■急速な細胞分裂みたい。
チャットモンチー

■This new ZA FEEDO album is pretty searing. These guys are really high level. You better listen to this new album it's full of creative life and has feeling
ザフィードのニューアルバム、かなり熱い。
この人達ほんとレベル高い。フィールがあってクリエイティブ!絶対聞くべき!
KNOWER

◼︎初めて沖めいと出会った高校生の頃の彼女の顔や声を覚えている。
自分の短い歴史の中で見たことない不思議な女の子だったから、勝手に外国人だと思ってた。
「ZA FEEDO」。今のめいは外人どころかさらに宇宙人かもしれない。どこから来たのか依然わからない。
でも「ZA FEEDO」は、聞く度に確実に連れてってくれる。ここじゃないどこかへ。
すごい。彼女は未だ強烈にエキゾチックだ。
浜野謙太 / 在日ファンク

◼︎St.vincentを想起させるような浮遊感あるメロディやクレイジーなサウンド、時にKimbraのような強さを感じる声、こんな日本人がいたのか!とやられた。
Dr.松下くんと囲むストイックで複雑なリズムの中、自らがエフェクトを操作しながら歌うライブスタイルは、音楽やってる人もやってない人も一度見たらきっと圧倒されてしまうと思う。
私はZA FEEDOとはmy hawaii Japanツアーで一緒になって知り合ったのだけど、
vo.の沖さんらが大学時代に、私の1st albumの曲をバンドでカバーしてライブしていたのだと話してくれて本当に驚いた!
私も生きてるんだな。なんかしみじみしちゃいました。
もうベテランのような完成度の1st album最高!発売おめでとう!!
東川 亜希子 / 赤い靴

■優しく諭される様な、急かされる様な、
凄く自然体な様な、それでいて異質な様な、
いろーんな方面へのエナジーが、音楽になって楽曲の至る所で弾けてる!
ここまで独自な音楽的進化ってきっと誰の耳にもフレッシュなはずだ。踊ろう!
SKY-HI aka 日高光啓 from AAA

◼︎ZA FEEDOには私の大好物が詰まってす。
緻密で遊び心溢れるアレンジとグッドメロディー。
そしてメイちゃんのソウルフルな歌声。
「こんな音楽が作ってみたい!」と常々嫉妬する存在です。
ヤセイ組の凄さは言うまでもないけれど、
ギタリスト的には「ソバカス」「2772」のTAK氏のギターソロで悶絶。
藤井友信 / MUSIC FROM THE MARS, fresh!, OishiiOishii

◼︎This is a great album. Full of creativity and vibe. Big thanks to Yasei Collective for introducing me to this new artist.
このアルバム凄くいいね。とてもクリエイティブで雰囲気がある。
こんな素晴らしいバンドを教えてくれて、、、ヤセイコレクティブの皆ありがとう!
Ben Wendel / Kneebody

◼︎勿論いい意味で「歪んだ」インストゥルメンタルの上に、美しく情報量の多い声が素晴らしいバランスで絡み合い、聴くたびに心地よく裏切られ巧みに洗脳されていく。「チロの目」には壮大な宗教観を感じずにはいられない。
人間そのものが二律背反であるように歪んだ美しさこそ真の美しさだと思う。
このアルバムを聴くとそんな絶妙なバランス感覚の妙に引き込まれていく。
そして何より緻密で複雑な楽曲が微塵も嫌味がなくポップに響いてくる事がこのバンドの恐ろしさの一つではなかろうか。ミュージシャンとして大きく見習いたい。
兎に角早く生で味わいたい。
このバンドが創り出す目に見えない薄い膜の中で心ゆくまで生の音を浴びたい欲求を抑えながら、後何回音源を聴く事だろう。
類家心平
a0087389_16473845.jpg



a0087389_1237595.jpg

a0087389_1237830.jpg

レコードストアデイにてデビューシングルをリリースし、注目を集めたZA FEEDO待望の1stアルバムが完成!沖メイによる独自の世界観を持った伸びやかなボーカル、国内外を問わず数々のアーティストサポートを行う田中"TAK"拓也(Gt)、Yasei Collectiveとしても活躍する松下マサナオ(Dr)と中西道彦(Ba)によるリズム隊のアクロバティックな演奏で、あらゆるジャンルを飛び越えた楽曲たちをネクストレベルなポップサウンドに昇華。多くのシーンに衝撃を与えることになるであろう1枚。

Artist / ZA FEEDO
Title / 2772


発売日2016年9月7日
CD (FLAKES-157) /¥¥1852(税抜き)/¥2000(税込み)
Label / FLAKE SOUNDS
JAN 4571207711571
ZA FEEDOの在庫@FLAKE RECORDS


track list

1.Words of Silence試聴♪
2.WGO
3.ソバカス
4.UBU’S BEAT
5.UBU
6.チロの目
7.2772
8.ライクライカ
9.チロの目 -Something Happy ver -


ZA FEEDO(ザフィード)
沖メイによるリアルタイムエフェクトボーカルを中心に、松下マサナオ(Ds)と中西道彦(Bs&Syn)と田中"TAK"拓也(Gt&Syn)による、ものすごいかっこいいリズムセクションがおもしろい楽曲をたのしく演奏する日本のバンド。
自由な楽曲とパフォーマンスでシーンも国境も関係なく、いつの時代も新鮮に聴けるサウ ンドを実験・追求している。
2016年4月FLAKE RECORDSよりデビュー盤となるアナログシングル「ソバカス/チロの目」をRECORD STORE DAYアイテムとしてリリース。
同年5月にはシンガポールにて開催された野外フェスティバル「GETAI SOUL 2016」に日本から唯一のバンドとして出演し、メインアクトを務める。同月LAから来日したmy hawaiiジャパンツアーに帯同するなどデビュー以前から海外との親交も深い。
ライブでは斉藤拓郎(Yasei Collective)がサポートメンバーとして参加している。

【Members】
沖メイ(Vo.Effects)
田中"TAK"拓也(Gt.Synth)
中西道彦(Ba.Synth)
松下マサナオ(Ds)
サポート:斎藤拓郎 from ヤセイコレクティブ
【HP】http://za-feedo.com/
【Facebook】http://www.facebook.com/ZaFeeDo
【Twitter】https://twitter.com/ZaFeeDo
【soundcloud】https://soundcloud.com/za-feedoZA FEEDO
[PR]

by dawaflakerecords | 2016-08-24 13:27 | FLAKE SOUNDS | Comments(0)

Qomolangma Tomato / Tanpo / Macao /7inch(FLAKES-156)2016.8.31 Release

a0087389_15403473.jpg

a0087389_15402996.jpg


自身のレーベル、しがらみプロダクションを立ち上げてリリースした快心のEP”かなしみ射抜こう”を経ての新曲は初のアナログとして限定500枚でFLAKE RECORDSのレーベルFLAKE SOUNDSよりリリース!
バンドの絶好調さが伝わる重厚で爆発的なグルーヴとソリッドかつシャープな切れ味が同等に存在し、石井ナルトによる独創的な節回しの言葉が突き刺さるチョモランマトマトにしか鳴らせない強烈な2曲を収録!


「心で燃やすもの、自分のタマシイを担保に・・・「TANPO」。現実世界で失ったもの、この曲は「MACAO」と名付け、どちらも勝負の話です。真っ赤なジャケ、初の7インチの出来上がり◎」石井ナルト


Artist / Qomolangma Tomato
Title / Tanpo / Macao

発売日2016年8月31日 (8/19からライブ会場先行発売)

7inch + DLコード (FLAKES-156) /¥1300(税抜き)/¥1404(税込み)
Label / FLAKE SOUNDS
JAN 4571207711564
Qomolangma Tomatoの在庫@FLAKE RECORDS

track list
A-Side / Tanpo 試聴♪
B-Side / Macao 試聴♪

a0087389_15405466.jpg

[PR]

by dawaflakerecords | 2016-08-23 15:52 | FLAKE SOUNDS | Comments(0)

Juvenile Juvenile / Planet Heaven / Perfect Lies / 7inch + CD(FLAKES-147)2016.8.10 Release


a0087389_17355983.jpg

a0087389_1734329.jpg

2014年リリースの1stアルバム”Our Great Escape”がロングセラーとなった大阪の男女混合インディポップ4人組。
The Bilinda ButchersのMichael Palmerをプロデューサーに迎えた初の7"シングルをリリース!

Artist / Juvenile Juvenile
Title / Planet Heaven / Perfect Lies

発売日2016年8月10日
7inch + CD(FLAKES-147) /¥1500(税抜き)/¥1620(税込み)
Label / FLAKE SOUNDS
JAN 4571207711472
Juvenile Juvenileの在庫@FLAKE RECORDS

Track List
A side
Planet Heaven試聴♪


AA side
Perfect Lies 試聴♪

CD Track List
1.Planet Heaven
2.Perfect Lies
3.Planet Heaven(Jesse Ruins Remix)
4.Perfect Lies(Teto 2 Remix)


a0087389_19452671.jpg

a0087389_19475988.jpg

a0087389_1948156.jpg

a0087389_19452461.jpg


The Bilinda ButchersのMichael Palmerをプロデューサーに迎え、両A面7”シングルをリリース!
彼らの魅力であるスウィートでドリーミィな世界観とメロディはそのままに、よりルーツなネオアコ感を感じることが出来る心地よく蒼く、甘酸っぱく疾走する”Planet Heaven”と、雄大に揺らめくスケール感溢れるシューゲイズインディポップに仕上がった”Perfect Lies”の渾身の2曲を収録!聞けばお分かりかと思いますが、完全に世界と共鳴する、なんならリードしてもおかしくない仕上がりです。
付属CDには同内容の2曲に加えて、世界的に活躍するも惜しくも活動を停止したJesse Ruins名義としては最後となるREMIX。スウェーデンのKuriyakinのJohan NorbergによるソロプロジェクトTeto 2によるREMIXを収録した全4曲を収録!両REMIX共にアーティストの持ち味とJuvenile Juvenileの世界観が見事に相乗効果を生み出した極上の仕上がりです!!


バイオ
Ryuta Okamura : Guitar /Vocal
Masami Tsuchiya : Guitar
Maaya Wachi : Drum /Chorus
Nozomi Yoshida : Bass

2011年6月 大阪府箕面市で結成した男女混合4人組、ドリームポップバンド。
UKを含む海外のレーベルからリリースオファーを受けるなか、2012年7月 堀江のFLAKE RECORDSのレーベルFLAKE SOUNDSより1st EP “Don't Tell Your Friends EP”を2014年9月に1stアルバム”Our Great Escape”をリリース。マイペースな活動ながら、The Brights(UK)やLetting Up Despite Great Faults(US)、Tops(CA)、Night Flowers(UK)といった海外アクトとの共演も多く、世界に向けてゆったり前進中。
[PR]

by dawaflakerecords | 2016-07-26 01:32 | FLAKE SOUNDS | Comments(0)

ANCIENT YOUTH CLUB / FOR,EMMA /CD(FLAKES-158) 2016.8.3.release


a0087389_1622595.jpg

a0087389_16191685.jpg


北海道、鹿児島間で結成され、現在は北海道を中心に活動する平均年齢20歳と言う若き4人組のデビューEP!
海外のインディロック、インディポップの影響を受け、北国ならではの憂いや空気感を持ち込んだ浮遊感と幻想感のあるサウンド。そこに大衆性も含んだ抜群のメロディをさらりとセンス良く乗っけてしまった天性のバランス感覚に、多くの人が衝撃を受けることかと思います。
ジャケットはOLDE WORLDEこと沼田壮平の書き下ろしイラスト。
またマスタリングを手がけたのはFOLKSの岩井郁人。

Artist / ANCIENT YOUTH CLUB /
エンシェント・ユース・クラブ
Titile / FOR,EMMA / フォー・エマ


2016年8月3日(水)リリース
MCD (FLAKES-158) /¥1500(税抜き)/¥1620(税込み)
Label / FLAKE SOUNDS
JAN 4571207711588
ANCIENT YOUTH CLUBの在庫@FLAKE RECORDS
FLAKE独占特典!新曲"YOU"収録のデモCD-R
a0087389_16265167.jpg


Track List
1.Cycle
2.Milk
3.Stay
4.アンドロイド
5.Manhattan 試聴♪

〜メンバー〜
Vo.Gt 大野佑誠
Gt.Cho 樋口健介
Ba. 今井竜成
Dr.Cho K.J

〜biography〜
2013年鹿児島、北海道間で結成。
約1年間Skypeにて製作を行い、2014年9月に活動拠点を札幌に移す。
海外のインディーロック、インディーポップに影響を受け
その中に日本的な透明感や暖かみを含んだ楽曲を念頭に活動。
2015年自主製作の音源『For,Emma』を200枚限定で発表し完売。
2016年8月3日にはリミックス、マスタリングしたE.P『For,Emma』をリリース。
[PR]

by dawaflakerecords | 2016-07-18 18:57 | FLAKE SOUNDS | Comments(0)

DESMOND & THE TUTUS / ENJOY YOURSELF/CD(FLAKES-153)2016.7.20.Release


各地展開ありがとうございます!
ぜひ見かけたら試聴でも!

a0087389_1685368.jpg

a0087389_1684973.jpg

a0087389_1684642.jpg


a0087389_1229638.jpg

a0087389_12291931.jpg

第22回South African Music Awards最優秀ロックアルバム賞受賞!!!!
a0087389_12143846.png


SHORTSTRAWと双璧をなす、南アフリカインディバンド代表!我らがDESMOND & THE TUTUS!3年半ぶりとなる3rdアルバムが遂に完成!間違いなく過去最高の内容!

Artsit / DESMOND & THE TUTUS
Ttitle / ENJOY YOURSELF


発売日2016年7月20日
CD (FLAKES-153) /¥2037(税抜き)/¥2200(税込み)
Label / FLAKE SOUNDS
JAN 4571207711533
DESMOND & THE TUTUSの在庫@FLAKE RECORDS

FLAKE独占特典CD-R!!
彼らの出世曲"KISS YOU ON THE CHEEK"の最高のREMIXでお馴染みのKings Of Townによる最新作収録曲である"Teenagers"のREMIXを収録したCD-Rです!必聴!
a0087389_19164466.jpg


Track List

1.Tearing Up
2.Youth Group Leader
3.Pretoria Girls

4.Teenagers

5.What Am I Gonna Do with You
6.Trust Fund Love
7.Lazy Bones

8.Boogie Man
9.Naked Females
10.Better Friends
11.Little One
12.Roll Me Out


2度の来日での多数の日本インディバンドと繰り広げた圧巻のハッピー&ピースフルパフォーマンスと、人柄でここ日本でも完全に人気バンドしなった南アフリカの超人気インディロックバンドDESMOND & THE TUTUSの待望の新作!!
本国でメジャーSONYよりリリースされた前作を経て、やりたいことを自由にやりたいということでリリース元を移籍して放つ3作目!

もう1曲目からこれまでとはあからさまな強度の違いを見せつける超パワフル&エッジィなディスコチューンで幕開ける、掴みはOKすぎる展開に引き込まれること確実のエンターテイメント盤!
シンセポップ的要素やドリームポップ的要素も取り入れて、楽曲の幅を大きく広げつつも、軸にある根っからのトロピカルでハッピーな空気感は全く損なわれていないチュチュスならではのカラフルなポップチューンが満載!隙間の多いアンサンブルをうまくまとめるソリッドなPOST/PUNKチューンから、ファンキーなディスコテイストが前面に出ているダンスチューン、お得意の跳ねるトロピカルポップまで、これまでの彼らの魅力と、新たなサウンドに挑んだ意欲が結実した素晴らしい内容。アッパーなものはとことんアッパーに、ファニーなものはとことんファニーに振り切れた感じが本当に痛快!
バンドグルーヴの強化も一聴して瞬時に伝わる程に、バンドとしてのまとまりがパワーアップしています!
a0087389_12262475.jpg


そして盟友SHORTSTRAWとのツーマンツアー決定!!!!!!
a0087389_12354473.jpg

ツアー詳細!!!

[PR]

by dawaflakerecords | 2016-07-09 12:39 | FLAKE SOUNDS | Comments(0)

PITY SEX / WHITE HOT MOON /CD(FLAKES155).2016.6.22 Release

a0087389_1843289.jpg

a0087389_1841859.jpg

ミシガンのアナーバー出身の男女混合4人組オルタナティブエモーショナルバンドの2ndアルバム!
今作で遂に日本デビューです!

Artsit / PITY SEX / ピティセックス
Ttitle / WHITE HOT MOON / ホワイトホットムーン


発売日2016年6月22日
CD (FLAKES-155) /¥1852(税抜き)/¥2000(税込み)
ボーナストラック1曲追加。
Label / FLAKE SOUNDS
JAN 4571207711557
PITY SEXの在庫@FLAKE RECORDS

2011年に幼馴染のSean St. Charles(Dr)とBrennan Greaves(Vo/Gt)を中心に結成されたバンドで、プロデューサーにTITLE FIGHTやTURNOVER、WHIRR、BRAID、CITIZENなどの界隈バンドを多く手がけるWILL YIPを迎え製作された2013年リリースのデビューアルバム”FEAT OF LOVE”が評判になり、その作品を引っさげて2014年はADVENTURES、BASEMENT、TIGERS JAW等と共にツアーにあけくれ、2015年はCEREMONYとツアーを回るなど、ライブに次ぐライブでその人気を確かなものとし、制作に突入1stと同じくWILL YIPをプロデューサーに迎え入れて完成した2ndアルバム。

HARD COREなルーツのラインとオルタナティブな感性がミックスされたノイジーなシューゲイズ要素も重厚感のあるヘヴィネスもロマンティックなインディポップ要素もミックスした影と憂い要素を多分に含んだセンチメンタルな極上エモーショナルなサウンドは、グサリと心に突き刺さります!男女混合のボーカルが織りなすメランコリックなバランス具合も素晴らしい傑作です!!

Track List

1. A Satisfactory World For Reasonable People
2. Burden You

3. Bonhomie
4. September

5. What Might Soothe You

6. Plum
7. Nothing Rips Through Me
8. Orange And Red
9. Dandelion
10. White Hot Moon
11. Pin A Star
12. Wappen Beggars
13. Acid Reflex *

* Bonus Track for Japan

初来日決定!!!!!!
詳細!!

a0087389_18114164.jpg

[PR]

by dawaflakerecords | 2016-06-15 18:10 | FLAKE SOUNDS | Comments(0)