「ほっ」と。キャンペーン

LOSTAGE / GUITAR / LP+CD(FLAKES-110) 2014.11.7 Release

a0087389_1211299.jpg


今回もTHROAT RECORDSとFLAKE RECORDSのタッグによりアナログが完成!
アナログ用のジャケットはCDとは別で写真家の菊池茂夫氏による撮り下し写真。
同内容のCDも封入

Artist / LOSTAGE
Title / GUITAR
発売日11月7日
Format / LP + CD(Limited 500)
Cat No / (FLAKES-110/ THR-008)
Price / ¥2500(税抜き)¥2700(税込み)
Label / FLAKE SOUNDS / THROAT RECORDS
JAN - 4571207711106
LOSTAGEの在庫@FLAKE RECORDS


1.コンクリート/記憶
2.Nowhere/どこでもない
3.いいこと/離別
4.Guitar/アンテナ
5.深夜放送/Unknown
6.Flowers/路傍の花
7.Boy/交差点
8.GoodLuck/美しき敗北者達


前作スタジオ録音作品 [ECHOES]より約2年、ライブアルバム [LOSTAGEATSHIBUYACLUBQUATTRO]のリリースを挟んでの今作品 [Guitar]はバンド史上最も歌とメロディに比重を置いた、所謂コンセプトアルバム的な作品に。過去作品でも垣間見えたキャッチーさ、ポップさに焦点を絞って作られた今作は前作同様LOSTAGE地元奈良にてレコーディングからミックスまでを行い、よりライフスタイルに密着したものとなりました。

レコーディングエンジニアには最近のLOSTAGEのライブではPAも担当している岩谷啓士郎、レコーディングアシスタントにLOSTAGEとも親交の深いex-CRYPT CITYのカナダ人ギタリストSeb Roberts(ギタープレイでも少し参加してもらいました)、コーラスにはLOSTAGEの準メンバーといってもいい歌姫achicoがRopesより参加。濃い人間関係と強い信頼関係からしか生まれ得ない傑作となりました。

良い作品にまとまったと思います。バンドのさじ加減だと思いますが、現在のLOSTAGE的ジャッジメントによる ”余計なモノ” (無駄なギターソロとか、執拗に繰り返されるリフとか...)を可能な限り排除し、要るものだけで構成したシンプルかつ深みのあるスルメ盤、約40分の今時アルバムにしては短いんじゃないかとも思われるコンパクトなサイズは、繰り返しアルバム単位で聴いてもらうための1つの方法であり、配信では出せない物語があると思います。[ Guitar ]というロックの象徴とも言えるこの楽器と、それに纏わるバンドと人々の物語。1本の映画を観るような感覚で聴いていただければ、嬉しく思います。
LOSTAGE ( Bass / Vo ) / THROAT RECORDS 主宰 五味岳久
[PR]

by dawaflakerecords | 2014-11-07 12:15 | FLAKE SOUNDS | Comments(0)